「15坪の家」 見学(3)

f0059988_124184.jpg2階に上がる階段+LDK+2帖の和室+
ロフトへの階段+行き届いた細かな収納棚類。
そして、円形テーブルと造り付けられた家具類の
回遊動線さえも実現した、なるほどのハーモニー。

今まで見た雑誌やインターネット、さらには、
このカメラの画像では、到底、捉えきれないほどの
綿密に意図された空間が拡がっています。
仕上げ材料はもとより、窓から差し込む光や、
風の抜け方も含めて、暮らし方をきっちり捉えた空間と言っていいでしょうか。

住みやすさや住む空間の美しさは、
面積の広さとは別のもの。むしろ、適度な面積って
あるようで、小さい方が良いとも言える気がします。


f0059988_17283569.jpg思い思いに座ってみて、結果として、
思い思いに心地良さを感じているということは、設計者の意図にすっかり
ハマってしまっていて・・・。
でも、そのことに対して窮屈だとか、
もっと気ままに過ごしたいという
気持ちを軽やかに凌駕していて、
とにもかくにも気持ち良いのだから、
良しとするしかなかったのです。
住むということに果たす家具の存在の大きさを改めて感じもしました。


f0059988_1541409.jpg窓台の高さなどの寸法が、
住まい方に大きな影響を及ぼすこと、
あらためて痛感しました。

なぜ、2階LDKなのかという問いの
答えは明らかでした。
このカタチであるからこそ、どんな敷地にも、このような空間をつくることができ、1階LDKでは、この「15坪の家」の持ち味の多くが発揮できないことが
断言できてしまったのです。


一方、階段を上下することに差し支えが生じるであろう高齢者にとって、「15坪の家」の課題は、
まだまだ残されているのも確かなことです。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2012-04-14 08:10 | 家づくりへの思い


<< パッシブという住まい方のブラン... 「15坪の家」 見学(2) >>