-3℃ 気密・気流止め対策

f0059988_11371584.jpg
最低気温が3°Cという天気予報なのに、
室温の最低記録表示を見て驚きました。
築20年、中古住宅の出窓カウンターの上に設置。
一番寒そうな場所ではありますが、
なんと、マイナス3℃です。
外より寒いなんてことがあるのでしょうか?

この家は今は無人で、熱源は全くなく
一日中、雨戸が閉まっている状態ですから
畜冷してしまっているのでしょうか。
信じられないけれど、こんなこともあるんですね。

ちなみに、温湿度計は正常です。



f0059988_11453256.jpg畳を上げてみた床下地板と外壁の取り合い部分には大きな空洞が・・・。
床下の外気が入りこんでスカスカ。
在来工法の家の、ごく当たり前のおさまりですが、こりゃぁ、寒いはずです。

どのような方法で気密を取っていくか、結露対策も留意しながら、
いろいろ検討し、試しています。
隙間を塞ぎ、気流止めを取れば、
格段に暖かくなるのは確実です。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2013-02-20 08:45 | 省エネ・断熱リフォーム


<< 1階の床構造 中古住宅リフォーム >>