床下の気流止め 施工編

f0059988_13531272.jpg一般的に在来工法の床下は、
土台と床根太の間がスカスカです。
ということは、土台に載っている外壁や内壁の内部の空洞がエントツ状で、
2階の屋根裏まで繋がっていて、
ツーツーなのは理解できますか?

ネズミやゴキブリが家中を駆けまわるのには好都合ですが、冬、足元は
相当に寒く、暖房機器も、あまり
効かないようになっています。

そこで土台と根太の間の狭い隙間に断熱材を詰め、床下の冷気を遮断するための気流止め工事。
床下で腹這いになっての作業中、土台と床根太の隙間に詰めた断熱材の画像です。和室の畳下ですので断熱材は張ってありませんが、和室以外は床材に断熱材が張ってあるのが普通です。
狭い床下空間でのキツイ姿勢の難工事ですが、厳冬に備え室内の暖気を逃さず、少なくとも床が
ヒンヤリ底冷えしないための効果の高い、気流止め断熱リフォームです。
念の為のことですが、結露対策用に断熱材を覆う防湿フィルムも、忘れてはいません。

OMの家にはまったく不要ですが、既存の在来工法の家にはお勧めです。
特に高齢者のお宅には、我慢しないでも過ごせる、家中、同じ温度の快適さを知って欲しいですね。
[PR]
by hearthandhome | 2013-10-25 08:30 | 省エネ・断熱リフォーム


<< 室温18℃ 「風立ちぬ、いざ生きめやも」 >>