吹き抜けの改造 (1)

f0059988_1829796.jpg明るく開放感あふれる空間を
作り出していた大きな吹き抜けの
一部を残して、
既存の床梁に新設の梁を掛け渡して
2階の床をつくる。

吹き抜けのサイズは1/3位に
なったでしょうか。 
でも、リビングの明るさは
ハキダシサッシに取り替えた分、
増したようです。
f0059988_1830309.jpg
2階新設床の、
1階の天井になる部分には
TVやオーディオの音響を考慮して
吸音ボードを張り、その上、
吸音材を天井内部に挿入。

既設の照明器具は、ギリギリ
移動せずにそのまま使用できました。

f0059988_1834546.jpg新設ベランダへの通路を確保しつつ、
タイルカーペット張りの
アイロン掛けコーナーを設置。
新設床の一画に安楽椅子が
すっぽり収まったのは予想外でした。

吹き抜けを囲む杉材の手摺が
二種類の手摺高さを含めて
大工さんの丁寧な仕事によって
綺麗に納まりました。

南側のガラス磨きがたやすくなったのは大事な改善点ですし、
吹き抜けの注意点でもあります。
[PR]
by hearthandhome | 2014-06-13 18:29 | リフォーム・リノベーション


<< 吹き抜けの改造 (2) 屋根上へのベランダ増築 >>