秋田犬特集 (1)

f0059988_1791290.jpg先週の見学会の時、「乙川の家」も会場として公開していただきました。
お隣には「旧・乙川の家」に、ご子息のご家族が暮らしてみえます。
この二組のご家族の共通の趣味として「秋田犬」があるのは、
知る人ぞ知る有名な話です。
このたび、ご子息が念願の「秋田犬ブリーダー」を趣味として始められました。

秋田犬が「天然記念物」だということ、ご存知でしょうか。
日本に2000~3000頭と言われ、減少傾向にあり、正に「天然記念物」状態なのです。
愛玩動物として外来種に比べて扱いにくそうなイメージがありますが、
実際は、飼い主に従順で、非常に飼い易く手間の掛からない犬です。
ちなみに、成犬は、雄は背丈二尺二寸(≒66センチ)30~40kg、
雌は二尺(≒60センチ)20~30kg程度になります。
色は赤、虎、白、そして用途として、「展覧会用」および「番犬用」に調教するのだそうです。

f0059988_1558431.jpg
親所帯の「龍士」号は、以前、
防犯用番犬としての優秀さをご紹介しました。
まったく、犬というよりは熊といった貫禄と風情の持ち主ですが、
少し可愛げに欠けるきらいがあります。
番犬ですからね。
それも実績十分な・・・。




「乙川の家」を訪問したお客様とご一緒に、「旧 乙川の家」の裏庭にある犬舎にご案内いただき、
「展覧会用」の二頭の秋田犬を見物させていただきました。
優雅でいて、きりっとした風貌の犬たちです。
お客様ご一行ともども、家見物は中断、しばし秋田犬に見とれていました。

次回、「旧 乙川の家」の秋田犬ブリーダーのご子息のコメントと、二頭の秋田犬を掲載します。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2007-02-24 16:06 | ペット


<< 秋田犬特集 (2) 「3.5間角の家」 (12.3... >>