掛川 天竜

先週の土曜日、私が所属している愛知建築士会名東支部主催の
見学会に出かけてきました。掛川と天竜の美術館めぐり。
久しぶりに気分転換が出来ました。
f0059988_18354143.jpg
掛川の資生堂アートハウス 設計は谷口吉生さん。豊田美術館も設計した方です。
30年前ですが古さを感じさせませんでした。シンプルな建物はあきがこないです。
美術館は絵が主役、建物が個性的過ぎないほうがいいです。
谷口さんの建物はそんな感じで好きです。
f0059988_1836586.jpg

f0059988_18371340.jpg
ねむの木こども美術館  設計は藤森照信さん
掛川から少し山の方に走り茶畑をみながら、さらに山のなかに入っていくと
ねむの木学園の施設が点在しています。
大型バスが谷に落ちそうにながらたどり着いたここは、まさに藤森ワールド。
山の中の緑と青い空とちょっと変わった、でも愛らしい建物がまるで絵本のようでした。
マンモスをイメージしたそうですね。
一端受付に入って(一枚目の画像)通り抜け
すぐ外にでて建物を見ながら展示室の入り口に入ります。
(2枚目の画像ですが右の方にある入り口が切れてしまいました)
ゆるやかな山の傾斜を利用して2階に入っていくしかけ。
外壁に描いてる花は子ども達が最終仕上げで描いたそうです。
子ども達の絵は、原色使いがきれいで真っ白な壁にとても映えていました。
f0059988_18373355.jpg

f0059988_18374886.jpg
秋野不矩美術館 藤森照信さん
天竜川の近くに建っていますが、もっと山の中かと思っていたら、二俣の町からすぐのところ。
しかし一歩はいると山の中にある感じ。外灯は小径木を利用した電柱に懐かしい電球。
土留めのコンクリートも杉の板で覆って、無機質なものは排除。
藤森さんの建物は自然の中にあって映えるような気がします。
裸になってみて欲しいことから、靴を脱いで見る美術館で有名ですね。
丁度企画展で秋野さんの作品は少なく残念でした。

一日コースのぶらり美術館めぐり、お奨めです。吉本
[PR]
by hearthandhome | 2008-03-08 16:04 | 雑記


<< 春 到来 ため池 >>