カテゴリ:旧乙川の家リフォーム( 5 )

旧「乙川の家」 リフォームと「夫婦ふたりの家」の見学・体感会

この夏から秋にかけて、二つの引越しがありました。
この夏にオープンハウスしていただいた「夫婦ふたりの家」に、ご両親。
ご子息は築20年、和風の外観の旧宅をリフォームして、住み替えです。

f0059988_8264418.jpgリフォーム工事のビフォーアフターの
変身ぶりを見ていただく見学会を、
急遽、行うことになりました。
旧宅の間仕切りを取り払った20.5帖のワンルーム空間に、ご子息夫妻の
住まいへのセンスが存分に発揮され、
こだわりのステンレス対面キッチンと
桧フローリング、お気に入りの家具と
照明に囲まれた「和モダン」インテリア。
落ち着きのあるLDKとなりました。
また、新しい畳と襖によって、二間続きの和室も生まれ変わったようです。


f0059988_10443634.jpg一方、9月から新居に住まわれているご両親。少しづつ、杉フローリングの新しい家に慣れてきたご様子。このところの朝夕の冷え込みに、ハッと気が付けば、「この家、暖かい!」 
いよいよ、OMの太陽の床暖房の季節到来です。8月には真夏の涼しさを、
そして、今回は冬に向かうこの時期の
OMのふんわりとした暖かさを体感していただけます。  ご子息曰く
「この床暖房には、お金をかけるだけの価値はある!」

         見学・体感会   日時 : 11月18日(土)・19日(日) 
                    時間 : 午前11時~午後4時まで。
                       事前予約が必要です。連絡先はHPにてご確認ください。
                       今回はDMのご案内となります。
[PR]
by hearthandhome | 2006-11-09 10:02 | 旧乙川の家リフォーム

旧「乙川の家」 リフォーム (4) 完成

f0059988_1123542.jpg工期、約一ヶ月。
引越しを済ませたばかりのところを、お邪魔しました。
設計時に思っていたイメージ通りに出来あがり、まずはご満足のご様子。
キッチンとの間仕切りを取り払い、大きなワンルームのLDKに大改造。

お気に入りのステンレスのシステムキッチンが
対面式に置かれています。

f0059988_11243929.jpg

f0059988_11494636.jpg竣工後、20年を経て、
ご子息家族を迎えたのですが、
既存のトップライトと西側の小窓が、
しつらえたようにピッタリ納まっています。
以前与えられた役割が、改造時にも生きていて、新しい空間の価値を作り出すのに役立つならば、設計者としては嬉しいことの一つです。トップライトからの光は特に好評でした。
桧フローリングの香りに包まれた居室、真新しい畳表・襖によって生まれ変わったような和室、内装を一新した2階の個室や水廻りと、新しい暮らしが始まります。
大き過ぎて、とまどうくらいでしょうが、
お子さんの成長とともに馴染んでいくことでしょう。
引っ越しの疲れをゆっくり取って、特に大きなワンルームのLDKでのご家族の団欒に期待しています。  日比
[PR]
by hearthandhome | 2006-11-06 11:25 | 旧乙川の家リフォーム

旧「乙川の家」 リフォーム (3)

f0059988_8362087.jpg階段を上がった2階のホールです。
全面的に張り替えた、桧の床材の香りが満ち溢れています。

これからの乾燥する季節、無垢材は縮んでくるので、
今は相当の力を加えて、
桧の床材の敷き込みをしています。
でも、無垢材の生命力は強く、やはり材と材の隙間は開いてくることにはなるでしょうが・・・。

でも、桧の香りはいいですね。
深呼吸をしたくなります。

1階のLDKもほぼボードが張りあがりました。
キッチンセットの搬入が待たれます。
[PR]
by hearthandhome | 2006-10-17 08:42 | 旧乙川の家リフォーム

旧「乙川の家」 リフォーム (2)

f0059988_1146263.jpg
1階の断熱材の補修と平行して、玄関ホールから、LDKに入るドアの建具枠が新しく取り付けられました。
これで、LDKのワンルームの
ボリュームがはっきりしてきました。






f0059988_11474583.jpg


2階では、床に桧ローリングへの張り替えです。
壁や天井も張り替えますが、
なんといっても無垢の桧の存在感は圧倒的。
やっぱり部屋は見違えるようになりますね。

それにしても、この床フローリングと、既存の巾木や
建具枠との取り合いでは全く逃げがなく、
張り上げたところの養生をしながら、
大工さんの丁寧な仕事が続きます。
[PR]
by hearthandhome | 2006-10-09 20:53 | 旧乙川の家リフォーム

旧「乙川の家」 リフォーム

「乙川の家」の旧宅のリフォームが始まりました。

f0059988_8172333.jpg竣工以来20年経ちましたが、
「夫婦ふたりの家」への引越しを待って
息子さんご家族のための住居としてのリフォーム、特にLDKの改造がメイン。
独立していたキッチンや廊下の間仕切壁を撤去して、居間、食堂と一体のワンルームとするプラン。
20.5帖の広さ、正に今どきの対面キッチン+リビングダイニングとなります。

f0059988_8221385.jpg


ツーバイフォー構造ですが、構造壁の撤去はなく、特別な補強が不要だったのはラッキーでした。

f0059988_19334454.jpg

旧キッチンの明り取りに付けられたトップライトが、ちょうど良い具合に、新しいこの部屋に、ドラマチックな光を与えてくれるはずです。

キッチンセットを始めとする機器類や作り付け家具の撤去、建具や床カーペット、内壁と天井のボードはずしからスタート。
20年ぶりに現れてくる構造体もそうですが、それ以上に断熱材の状態がとても気になります。開けて見たところ内部結露の心配はなさそうで一安心。
ただ、断熱材を調整したり補足しておくべきところは、
ところどころ有りそう。また、現在のように、気密フィルムを施工しておけば耐久性能は抜群と保証できる。


f0059988_19414655.jpg
家をつくる者として、こういう機会にめぐり合うことは、なかなか得がたいこと。設計したことの答えが検証できるし
施工の精度も再確認できる。
20年前の未熟さも含めて。

そして、もっとも良いことは新築の家も何十年後のリフォームの時に、その仕事振りが白日の元に晒されることを実感できることでしょうか。    日比
[PR]
by hearthandhome | 2006-10-03 08:09 | 旧乙川の家リフォーム