カテゴリ:乙川の家( 32 )

乙川の家 訪問 (4)

f0059988_1738023.jpg
西の屋根裏部屋は、
ご主人のフリースペースとして、
気持ちよく使っていただいています。

書斎、トレーニング室、書庫。
低目のナナメ天井の心地よさを
満足していただけているようです。





f0059988_17502626.jpg東の屋根裏部屋は、ハンドリングボックスの同居する納戸に。

このような使われ方は、
想定していたことではありますが、
物入れとして作り付けとすることの
良し悪しが話題となりました。
むやみに作り付けにしてしまうより、
時とともに変わってくる、その都度、
既製品の家具にて調整するのも
良い方法ではとなりました。


いつもいつも、「お宅訪問」して住まい手のお話を伺うのは、楽しみでもあり緊張もします。
「乙川の家」では、くつろぐことについての、キッチンや家具と広さの関係性。毎日の洗濯物のこと、
そして、なかなか捨てられないモノたちの収納のことが、クローズアップされました。
また、OMの効果に関しては、満足いただいているようで、冬はOMと居間の小さな電気ストーブ1台。
夏は、やはり、ここぞという時のエアコン使用。
さっそく、「DOMAく~る」をご紹介させていただきました。

それにしても、お話から得られることは、次の仕事に生かしていくべき貴重な教訓に満ちているのは
確かです。ありがとうございました。日比
[PR]
by hearthandhome | 2011-04-15 11:18 | 乙川の家

乙川の家 訪問 (3)

f0059988_919176.jpg居間の広さも、ちょっと狭い!

居間で、くつろぐ時の姿勢について、
特に、使われる家具との関係は
重要ですね。家具の置き方など、
ちょっと、提案させていただきましたが、
現実には、その姿勢が
座ったり、寝っ転がったり、
一定ではないということと、
あまり、居間を広くするのも
考え物ですから、難問ではあります。

また、ウッドデッキの出巾は、
そこでお茶を飲むためには倍くらいあっても良かったとのご意見・・・。
そこまでの使い方は想定していませんでしたから、設計時の聞き取りが足らなかったようです。
屋根の庇の出巾についても、夏の日差しをカットするためには、不十分。要注意です。
現在は、よしずで対応していただいていますが、緑のカーテンは、ぜひとも、おすすめです。

次は、洗濯物の室内干しについてです。夫婦ふたりだからと、少し甘く見ていたでしょうか。
また、ロフトを物干し場として活用するのは、階段の上り下りなど、無理、不便とのこと。
標準家族では、洗面所へのハンガーパイプ設置によって、OMの乾燥気味の暖気を室内干しに
利用することは多く、その設置を提案いたしました。ほぼ、毎日のことですから、大事ですね。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2011-04-14 08:09 | 乙川の家

乙川の家 訪問 (2)

この家について、住まい手ご夫婦に、いろいろご意見を伺いました。住んでみて、はじめて解ることだからとの前振りをいただきましたが、事前に解らなければ設計者としては、ちょっと、情けないですね。

f0059988_17245337.jpg前の家と同じスタイルのクローズドキッチンにしました。
食器棚や家電の収納、キッチンセットの形状、
そして、グランドピアノ置き場との関係で、
居間・食堂からは見えないキッチンとなりましたが、
夫婦ふたりの暮らしにとって、会話する上でも、
クローズドは不便になってきたとのご指摘です。

正面の直立した壁を、杉板で仕上げたテレビ台と
杉一枚板の飾り棚を残した高さで切って
低くしたらどうだろう?とのご質問です。
食器や家電の収納スペースが課題となります。
ご主人も、この頃キッチンに立つこともあるとのことで、
アイランドキッチンへの改造も、あるでしょうか?
築5年程度の改造というのも、ちょっと、もったいない?
空間デザインとして、気に入っていましたし・・・。

住まい手とは、長いお付き合いですから、ご夫婦の暮らしの有り様は十分に解っていて、
また、この家の設計に際しても、良く話し合いをしていたつもりでした。
ところが、結果として、5年先も予見できなかったことに、誠に、残念な思いがします。
今回のご相談に対しての提案には、今まで以上に、時の流れを意識して臨みたいと思っていますが、
先を読むことの難しさもまた、感じています。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2011-04-12 09:13 | 乙川の家

乙川の家 訪問 (1)

f0059988_15411694.jpg
もうすぐ築5年の
「乙川の家」を訪問しました。
「夫婦ふたりの家」の実質、第一作目。
その後の暮らしぶりを拝見しながら、
住まい手のお話を
お聞きするのが第一の目的です。

時間がフリーになったご主人は、
野菜づくりや日曜大工に精を出され、
その準備に三ヶ月も、教室に通った由。


f0059988_15513746.jpg
奥様との協働での家庭菜園。
既に、各種野菜の収穫を得て、
連作の勉強もと意気込まれています。

そろそろ、夏野菜の植え付けです。

その傍らには、花壇も設置。
そして庭木の剪定にもチャレンジです。
その意欲の旺盛なこと!



f0059988_16183690.jpgf0059988_16224279.jpg日曜大工では、鳥の巣箱を手始めに、
ベンチやテーブルの製作へと
休む間もないですね。

もっとも、納期があるわけでなく、
休もうと思えばいつまでも休めるわけで、
自制心が大切になりそうです。


敷地北側の空きスペースに建つ工具倉庫は、基礎から建具、屋根・外壁の外装まで、すべて手作り。
ご主人の几帳面さと頑張りに感心。倉庫を手作りすることで、事前の設計の大切さを身を持って体験したとのことですが、それ以上に、自ら作り出すことの楽しさを見い出されたようです。
次は、きっと作業小屋、工房が欲しくなるでしょうか。日比
[PR]
by hearthandhome | 2011-04-11 08:45 | 乙川の家

「乙川の家」 旧宅リフォームとOM床暖房 体感会

f0059988_1748530.jpg11月18日(土)・19日(日)に
築20年、ご子息世帯のためのリフォームの見学会と、
8月の暑い盛りにオープンハウスをさせていただいた「乙川の家」の
冬モード体感会を併せて開催いたしました。






f0059988_17312297.jpg
二つのご家族には、ご負担をお掛けしたと思いますが、
「時々やってくれると、家が片付いていい!」と、
あり難いお言葉まで頂戴して、
恐縮いたしました。
DMのみの予約制の見学会でしたので、ご来場の皆さまには、
いつにも増して、二つの家で、ゆっくりと時間を過ごしていただけたと思います。


f0059988_17404956.jpg桧の床板、ステンレスキッチンの「和モダン」のご子息の家と
杉の床板、OMソーラーのご両親の家。
それぞれの持ち味の違いを堪能していただけたのではないでしょうか。
特に、太陽の床暖房と一般的な床との表面の暖かさの差は、敏感に感じることができたと思います。スリッパを使いたくなるかどうかの差とでも言えるでしょうか。

それにしても、リフォーム工事を終えて思うのは、
新築時に、建物の耐震性能を満たすことは当然のこととして
その上で、いかに将来のリフォームに備えておけるかという点の重要さです。
簡単なことではありませんが、今後の仕事の上で良く考えていきたいと思います。
耐震リフォームとは異なるカタチのアプローチですが、
幸い今回のリフォームに関しては、耐震性能にも問題なく、きれいに間仕切りを取り払うことができ、
既設の窓やトップライトもうまく活用できたのが、何より嬉しく思いました。

f0059988_17483887.jpg「夫婦ふたりの家」はピアノもピッタリ納まって、(ピアノ下の、オーケストラ人形が楽しい!)
ゆっくり、くつろいでいただいているご様子に安心。OMの床暖房のあることで、「冬が来ることの楽しみ」を味わっていただきたいと思います。また、観葉植物の見事な成長ぶりにはビックリ!
(上記画像の「はっぱ」の様子をご覧ください!この夏の時点では「はっぱ」
3枚でした!)
OMのある環境は植物にも好結果を及ぼしているようですね。
[PR]
by hearthandhome | 2006-11-20 18:04 | 乙川の家

「乙川の家」 引っ越して1ヶ月

「乙川の家」その後。
やはり、引っ越しは、身心ともにたいへんだったと奥様。 ちょっと体調も崩されたようです。

20年住み慣れた家から、新居に移り住んでみて、まず、
「新しい壁が、まぶしいくらい白くて落ち着かない!」と感じたようです。
旧家の壁が日焼け等で、少し薄汚れていたせい? 夏の明るい日差しのせい・・・?

すぐ隣の敷地への引っ越しにもかかわらず、日常の暮らしに必要な小物類の整理が済んでみて、
やっと落ち着きを取り戻してきたとのこと。
あるべきところにモノが納まって、地に付いた暮らしが始まったよう。
そういう意味からも、収納って大事ですね。

まぶしかった壁にも慣れたのか、気にならなくなったよう。
また、この家での暮らしぶり、暮らし易さが、じっくり実感できるようになってきたと感謝のお言葉。
これからの暮らしの中から、いろいろなご意見やご感想を聞けるのが楽しみです。
失敗したなと思えるところも含めて・・・。      

隣のご子息の家のリフォームもほぼ完成。 ただ今、引っ越し中です。    日比
[PR]
by hearthandhome | 2006-11-05 16:24 | 乙川の家

「乙川の家」 引越し後

f0059988_15154848.jpg引越ししてから、1ヶ月も経っていない「乙川の家」。住まい手のご夫妻は、片付けるのに精一杯で「まだ、落ち着く暇もない」状態のようですが、「気持ちのいい家をつくってくれた」・・・と。

ピアノも所定の位置に収まり、演奏も・・・。
天井からの照明があまり役たたずだったようで、残念。
寸法チェックを入念にすべきでした。

南の庭には念願のダイコンなどの野菜を、先日おふたりで、植えられた様子。

「乙川の家」 完成見学会終了後も、多くの反響が電話にて寄せられ、
「夫婦ふたりの家」の資料や「小冊子」を中心にお答えしています。
「ぜひ見たい」という方もみえて、既に、何組かのご夫婦をご案内しました。
住まい手は、少し、驚かれたようですが、気持ちよく訪問を許していただきました。

この家については、完成見学会の時もそうでしたが、
様々な感想や意見を聞くことができます。
f0059988_15131378.jpgワンルームの水廻りは賛否両論でしたが、玄関アプローチのスロープ採用、玄関の上がり框の段差への対応や車椅子対応についてという大きなテーマも投げかけられました。
敷地の条件などにも左右されますが、既に弊社としても考察し、
解決策にも目途が立っていますので、実践の機会が遠からずあるものと思っています。

f0059988_15113796.jpg居間のインテリアデザインとして、「和でもなく、洋でもなく、民家風でもなく、輸入住宅風でもなく、フームこういうのもいいね!」というユニークな評論もいただきました。

また、「20坪平屋というのは、夫婦ふたりの家として、小さくはない。むしろ大きいくらい」と意表をつかれ、
更なる良き狭小住宅へのチャレンジを決意したのでした。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2006-09-28 15:24 | 乙川の家

「乙川の家」 続編

f0059988_10412544.jpg

「乙川の家」の、 お引越し開始に、一番最後になっていた、ウッドデッキの階段が
なんとか間に合いました。気になっていたので、ホッとしました。
いよいよ、新しい暮らしの始まりです。南の庭には、畑作りも始まるはずです。
二週に渡っての見学会に快く同意いただきましたお施主さまには、深く感謝申し上げます。
f0059988_10413943.jpg

[PR]
by hearthandhome | 2006-09-03 10:22 | 乙川の家

「乙川の家」 完成見学会 報告 (その4)

団塊の世代を意識しての「夫婦ふたりの家」でしたが、
実は世代を超えて興味を持っていただけたこと、
これは以前にも、報告したとおりです。

今回の見学会では、団塊の世代の方々に、いろいろなお話を伺いました。
ご両親やご兄弟そして子供たちとの関わりの真っ只中にいて、
ご苦労も、逡巡もしている様子が浮き彫りにされ、ずいぶん考えさせられました。
そういう事情について、わたしたちができることには限界がありますが、
今後、より良い「夫婦ふたりの家」を提案していくことで
少しでもお役に立てればと思います。
また、この家をつくる上においての考え方に
「小冊子」の内容も含めて共感していただけたようでした。

若い世代のご夫婦には、
「標準的な家や、豪華な家はたくさん見たけど、こういう家は今まで見たことがなかった」
「わたしたちには、こういう家が似合っている」 
「こういう家がいい。探していた」など、予想外の反響をいただきました。
ただ、大きな時代の変わり目に臨んでの「家づくり」ですから、
不明な点も多くあり、慎重にならざるを得ない側面は確かにあるようです。特にコスト面ですね。
居間や屋根裏部屋の座テーブルに腰を落ち着けて、ゆっくりしてみえたのが印象的でしたが、
「大きく暮らせる小さな家」のコンセプトがとても輝いて見えた一瞬でもありました。    日比
[PR]
by hearthandhome | 2006-08-30 16:52 | 乙川の家

「乙川の家」 完成見学会 報告 (その3)

f0059988_17482164.jpg1階だけで完結するとしたその上で、
予備スペースとしての屋根裏部屋。

屋根裏部屋の壁の高さは、
いろいろ考えた挙句、
最後は「エイヤァ!」でしたが、
なんと、すべてのお客さまに好評でした。(ホント?!そう、言わしちゃったのかな?)
「えっ!壁の高さなんて、気が付かなかった!」
「このくらいの高さだから、いいんじゃないの?落ち着ける」
「直立不動で生活するわけじゃないんだから」
そして屋根裏部屋なのにムッとする暑さが全くなく、むしろ、1階からの吹き上がりの風を、
心地良く感じる技術的な秘密(?)、断熱と排気の説明をさせていただきました。

f0059988_17495075.jpg
ただし、1階のキッチンからの匂いが屋根裏部屋にもろに上がってくることについては賛否両論。
「だったら、手摺のところを壁にして、窓を開けたら?!」
「それじゃあ、この開放感がなくなるよ」
「キッチンからの匂いなんて、気にするほどの匂い?」

楽しいですね。        日比
[PR]
by hearthandhome | 2006-08-30 16:51 | 乙川の家