カテゴリ:岩滑中町の家( 25 )

完成見学会

”猛暑”という気象条件のはっきりした中、真夏の暮らしの舞台としての「住まい」の有り様を
知ってもらうことは、とっても良い事。 そういう意味では最高の見学会でした。
この暑いさなか、お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。お客様が重なってしまった時など、
対応が十分ではなかったと思いますが、次回のチャンスに埋め合わせさせてください。
f0059988_1541022.jpg
今回の見学会はダイレクトメールでの告知。そしてホームページへのアップのみ。
ゆっくり、じっくり、こころゆくまで、です。
それでも、ホームページより資料請求していただいた方や、弊社の現場のご職人さん家族もご来場。

f0059988_15513258.jpgユーザーも5家族の参加と賑やかで、中でも、たまたま運良くそこに居合わせたIHさんには、土地探しにおける心構えだけでなく、具体的に何をなすべきかについて、経験者としての重みを持って話していただき、感謝!感心!感激!
土地を探している皆さまに聞かせてあげたい内容でした!
IHさんには土地探しの投稿を依頼。
忙しい方だけど、
期待して待っているところです。


f0059988_1652448.jpg南に敢えて壁面を作ってのホームシアター空間は、意外なほどの反響!
北入りの家の多くが、南隣家の風呂とかトイレを見ざるを得ない敷地事情を考えると、採光や通風の工夫さえすれば、有力な方法。
「これこれ!これを見に来た!」と・・・。

真夏のトップライトにも注目。
「暑いんじゃない?」
思ったより暑くない。
風が抜けるのが解る!

f0059988_16352745.jpg頭のこすりそうな階段からの見下ろし。

吹き上がる風の動きを感じながら
書棚の本を眺め取り出し、
トップライトの下で読書。

階段に腰かけて、居眠りしそう。






f0059988_1772635.jpgロフトよりの見下ろし。

小型の縦置きハンドリングボックス。
屋根の暑い空気をせっせと排気。f0059988_1795497.jpg









小さいけれど、宝石のような、くつろぎ空間。これから本当に、くつろぐ部屋になっていきます。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-07-14 17:22 | 岩滑中町の家

完成見学会 開催

f0059988_9122096.jpg待ってましたとばかりの夏日の完成見学会。
強烈な日差しの中、真夏のOM空間やいかに??

「涼しい!」 
その秘密は建物の断熱性能の良さはもちろんだけど、とにかく風通しの良さ。
ちょっぴり汗ばんだ肌には、わずかな風の流れでさえ、ここち良いのです。
本日の風向きは南風と北西の両方。
いろいろな場所の窓から風が入ってきます。
室内に設置した温度と湿度の表示計によれば、
室温33度。
でも、これでも涼しいのです。



f0059988_9124594.jpg
インテリア空間の宝石ぶりも最高!
夜間照明が特に美しい! 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-07-13 09:20 | 岩滑中町の家

「岩滑中町の家」 無垢の一枚板テーブルと薄型TV

f0059988_17433486.jpg
完成見学会の直前、こだわりの無垢の一枚板のテーブルと薄型テレビ搬入。収まるべき所に収まる。
飾り棚への飾り付け品やスピーカーなどの周辺機器類の到着を待って、完成へと・・・。
テレビ台周辺の間接照明がそれらを引き立ててキレイ。ウイスキーでも、ゆっくり味わいながら・・・。
贅沢な時間が流れる、上質なホームシアター空間誕生。

f0059988_17591795.jpg
       L型キッチン。コンパクトだが、I H機器装備。シルバーの立下りダクトが映える。
           「くつろぎ空間の家」 皆さまのご来場をお待ちしています。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-07-10 20:57 | 岩滑中町の家

岩滑中町の家 完成見学会

「大きく暮らせる、小さな家」 
刻々と表情を変える自然を、そのまま写し出す室内空間を、ゆっくりとした気分で楽しむ家。
天井高など、いろいろな部分の細かい寸法を吟味した上質なワンルーム空間です。
暑い夏だからこそ解る涼風の流れもあります。詳細は、お問い合わせの上、どうぞ、お出掛けください。
f0059988_843563.jpg

[PR]
by hearthandhome | 2008-07-06 09:45 | 岩滑中町の家

「岩滑中町の家」 完成見学会

7月12日(土) 13日(日) 「岩滑中町の家」の完成見学会です。
時の経つのを忘れるほどの、小さいけれど宝石のような「くつろぎ空間」の完成。
f0059988_14113444.jpg
完成見学会開催にあたって、お施主さんから寄せられたメッセージです。


一つの部屋に託した想い

「寛げる部屋が一つ欲しいね」。すべては、この一言の想いから始まりました。
そして私達の想いを叶えていただいた”ハースアンドホーム”と出会うことが出来ました。
’ホームシアター’’間接照明’’採光’’飾り棚’・・・・様々な想いに、じっくりと耳を傾けていただき、
何時の日にか信頼という絆で結ばれていた様な気がしています。
OMソーラーとの出会いで当初との想いとは違う形で迎えた「完成」でしたが、
ずっと、自分たちが主役でここまで辿り着いたという想いでいっぱいです。
母屋の横の小さい「家」。これから始まる毎日の生活がとても楽しみです。
                                          
                             08年 6月 23日
                                          「岩滑中町の家」の住まい手


この後、お気に入りのテーブル、ソファ、TVにカーテン、そうそう、本棚や飾り棚にも、
たくさんの品々が運び込まれ、飾り付けられるのを待っている。見学会までには、おおかた揃うよう。
それらによって、暮らしという厚味が加わり、もっともっと落ち着いたものになるはず。

暑い季節の見学会。南風がTV台下の地窓から入り、ロフトに吹き上がり、北窓へ抜けて行く。
そんな心地よさも、ぜひ体感し、感じてほしい。願わくば、エアコンのクーラー不要!

また、「床下採涼システム・DOMAくーる」のご紹介も同時に行います。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-06-28 23:29 | 岩滑中町の家

足場撤去

f0059988_13533010.jpg外部足場を撤去。
建物は、こじんまりとしているが、
なかなかの存在感。
特に屋根の表情は堂々としている。

OM集熱パネルに太陽電池。
そして、トップライト。
大通りからよく目立つ。





f0059988_13535058.jpg
南壁面のユニ-クな開口部。

これから、玄関ポーチなど、
外廻りの施工に入る。




f0059988_1414777.jpg



もともと、そこにあった庭木も
玄関ポーチ脇に、そのまま、生かすことができた。
足場をはずしてみて、その健在にホッ。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-06-18 13:54 | 岩滑中町の家

縦置きハンドリングボックス

f0059988_1321492.jpgロフトにOMの縦置きハンドリングボックスを設置、
それにつながる集熱と立下りダクトの接続完了。
ハンドリングの向こう側、北壁には排気口です。

ナナメ天井の吹き抜けを通して、
断熱材PPダクトによる苦心の作が見えてきた。
今までの仮の姿から仕上がりの姿へと、
まっすぐじゃなく、微妙に曲がってね・・・。

最終の仕上がりは、
ロフト部分はアルミテープ巻き、
1階部分は金属カバーのシルバーに。
作りがいがある! 乞う、ご期待。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-06-16 08:43 | 岩滑中町の家

パテ飼い

f0059988_16555514.jpg
階段に手摺が付いて、ナナメ天井の空間に動きが・・・。

石膏ボードのジョイント部と釘頭を平滑にするためのパテ飼い。
もちろん、オガファーザー張りの仕上がり程度を左右する大事な仕事。

わたしのイメージの中ではオガファーザーは、とっくに仕上がっているが、
実現に向けて、やはり期待は大。望むらくは、イメージを超えて欲しい。

クロス屋さん。4年間、修行に出ていた息子を迎えての仕事とのこと。
親父の嬉しそうなこと!その意味でも、仕上がりが楽しみ。  日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-06-13 09:14 | 岩滑中町の家

「現場訪問」

f0059988_1047422.jpg設計相談中のHさん。
弊社ブログにて気になっていた
「岩滑中町の家」を「現場訪問」

こじんまりした外観からは想像できない内部空間の拡がりを実体験。
「うーん、これでいいんだよね!
     いや、これがいいんだよね!」

頭のこすりそうなロフトにもめげず、
好印象のよう。


でも、ご希望の家のボリュームとは、いささか違う。
そこで、設計相談から、基本設計に、どう入る・・・? 資金計画も本格化です。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-06-11 10:54 | 岩滑中町の家

太陽電池

OMのハンドリングボックスの動力のための太陽電池設置。小規模だから、一枚でOK。
不測の災害時にも太陽さえ出れば、即、可動。 OMが商用電力に頼らないという意味は大きい。
地震災害直後、停電になっても、太陽さえ出れば暖気を供給できるというのは、とても有り難いこと。

CO2削減の切り札として太陽電池が、あらためて注目されるが、
最近は補助金カットもあって鈍化気味。洞爺湖サミットで盛り返すかな・・・?
わたしたちとしては、OM本来の太陽熱の直接利用を、より強調し進めたいが、
自然と共に住むエコロジー思想としての太陽電池なら、その普及も悪くはない。
f0059988_17322717.jpg
そろそろ梅雨入り・・・。軒先水切りの最終納めの、板金屋さん。 高所での作業が続く。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2008-06-10 08:08 | 岩滑中町の家