カテゴリ:吉良町の家( 48 )

植物工場

次世代の産業として、脚光を浴びている植物工場のこと、ご存知ですか?
水耕栽培や発光ダイオードによって温度や光、養分を人工的に制御し、野菜などを栽培する植物工場です。食料自給率や健康志向から、「農業」への関心の高さがその背景にあって、その一端が新聞に
紹介されました。露地栽培に比べて、コスト面が難問としてたちふさがり、技術開発を待ちたいところですが、このような紹介記事の作物は決まって光量が少なくても生育できるレタスなんですって!
f0059988_9413030.jpg
記事の末尾に、太陽光を生かす従来型のハウス栽培についても触れてあります。つまり農材利用。
「吉良町の家」のサンテラスについての、住まい手のお話が思い出されました。
この分野においても、圧倒的な太陽エネルギーをうまく利用しない手はない。
サンテラス内の野菜工場も、機会があればチャレンジしてみたいですね。
f0059988_11313612.jpg

[PR]
by hearthandhome | 2009-08-16 21:18 | 吉良町の家

通り土間の暖簾

f0059988_23353212.jpg見えそうで見えず、
見なさそうで見える。
そんな効果を期待して、
通り土間に暖簾、登場。

玄関土間とキッチン用の倉庫としての土間を、視線の位置で仕切る暖簾。
上空と足元はつながっている。
夏には涼しさを、冬には暖かさを
感じさせてくれる暖簾生地。
季節に応じて替えられるといい。


f0059988_2336198.jpg
今回は、スタッフの用意した仮の暖簾。
いかにも涼しげにしつらえられ、
両方の土間が曖昧に仕切られる。

和的、日本的な装置。
ワンルーム空間を軽やかに仕切る。

南の玄関から、
北の勝手口までの「通り土間」。
日常的に便利に使えそう。

どこか、懐かしさを感じさせる「通り土間」です。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2009-08-05 14:31 | 吉良町の家

くるくる

f0059988_22322740.jpg
ビニールハウスのビニールの手動巻き上げ機。
「くるくる」
二種類あるようで、高いところまで
操作可能なタイプに取り替え。

いろいろ効能はあるけれど、
この地の猛烈な蚊攻撃を体験してみると、
なんといっても、「蚊対策」につきると実感。

固定のアミを張りめぐらせている様は、
早い話が、形を変えた、「蚊帳つり」。




f0059988_22324513.jpg
そんな噂を聞きつけて、ユーザー登場。
聞けば蚊の大群に悩まされている由。
現物をご覧になって、
「これは、いける!」

こんな風な情報交換が、
暮らしの中で生かせるような、
価値あるものとなれば、いいですね。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2009-08-04 08:15 | 吉良町の家

完成見学会 (その2)

f0059988_23341548.jpg早朝は激しい雨で心配しましたが、
曇天ではあったけれど、なんとか持ったお日和。そんな天候にもかかわらず
ご来場いただいた皆様には
厚く、御礼申し上げます。

長野県の遠山杉の柱・梁。
真壁のインテリア空間の
「夫婦ふたりの家」。
こういうのもありとして、ゆっくり、
ご覧いただけたものと思います。

f0059988_2150449.jpg
また、南側へのサンテラスのビニールハウスとの
コラボレーションが、一つの実験的な試みとして、
使い勝手を多彩に想像できるという意味から、
おおいに楽しませていただきました。

刺激的な提案をいただいた「住まい手」に、感謝です。

課題はいくつか見つかっていますので、
それらをカバーする工夫を重ねていきたいものです。
うまく使えば、もっと良いことがあるように思います。





f0059988_23344198.jpg
古き良き時代のノスタルジアを
思い起こさせて、
杉に囲まれた「吉良町の家」完成です。


長野の山元の皆様
製材所の皆様にも感謝です。
ありがとうございました。
スタッフ一同。
[PR]
by hearthandhome | 2009-08-03 08:58 | 吉良町の家

完成見学会 (その1)

f0059988_22592876.jpg
変わりやすい天気の一日。
完成見学会、初日。

真夏の見学会とは、いささか趣が
違うけれど、サンテラスも完成し、
国産の杉材、真壁の「夫婦ふたりの家」と、ビニールハウスとの組み合わせの
一風変わった家の誕生。




f0059988_2305036.jpgサンテラスの特異な外観と、
実用性に溢れたインテリア空間。

ご来場の皆様のご感想は、
外観への違和感を感じながらも、
サンテラスの使い方は、ご家族それぞれに・・・。
中でも、洗濯物干し場としての適正が、
毎日の家事を担う主婦の立場として、クローズアップ。

問題提起の一石ともなれば、幸いなこと。
このアイディアを発展させていければと・・・。

外観に対しての有力な対策は、
植樹やゴーヤなどの緑のカーテン。
数年掛けての完成が待たれます。日比
[PR]
by hearthandhome | 2009-08-02 06:34 | 吉良町の家

NEDO

f0059988_1821721.jpg
「吉良町の家」では、平成20年度、
NEDOの補助金をゲット。
いくつかの基準をクリヤーする中で、
㈱エネゲートの省エネナビの
設置義務は異色でした。

電気使用量や電気代をリアルタイムに表示し、設定した省エネの達成度を知らせることで、さらなる省エネの意欲をかきたてる。これが、その省エネナビ。


そうまでしなくちゃ、できないの?省エネ。
人間、何らかの数字が見えていると目標としやすく、励みになるという現実的な側面はあって、太陽光発電をしている家庭は、売電の数字を見ることで、さらに節電に意欲を燃やすとは、聞いたことがある。
OMも、制御盤の表示機能に、効果の「見える化」「魅せる化」を表示するべく改良中。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2009-08-01 20:42 | 吉良町の家

サンテラス

f0059988_18444987.jpg
梅雨の晴れ間、サンテラス完成!
ビニールハウスの農材を使用したが、
外観は、住宅としてはなかなか異質。



f0059988_1848584.jpg





「くるくる」なる手動の巻き上げ機は、微笑ましくも、ユニーク。
ビニールを一気に巻き上げるから、夏の暑さにも大丈夫。
固定アミで全体を覆い、夕刻以降の蚊の大群に備える。




f0059988_1846484.jpg



内部の使い勝手の多彩さは、
実証付きのお墨付き。

この中での、家庭菜園の実現だけが、
宿題として残った。いつかやりたい!




f0059988_18462138.jpg
でも、暮らしの中での本当の見所は、
リビングからの見え方と一体感。
四季折々、様々な関わりを持ちながら、
共有空間のあり様に興味津々です。

明日から、完成見学会です。
落ち着いた、暮らしに密着した空間と
雰囲気を見ていただけると思います。

お待ちしています。 スタッフ一同。
[PR]
by hearthandhome | 2009-07-31 19:14 | 吉良町の家

サンテラス

f0059988_1723195.jpg
もうすぐ見学会。
大工さんの協力もあって、
梅雨の晴れ間を縫いながら、
サンテラスの木工事。
存在感のある木の色と表情です。

ビニールハウスの農材を
柱間に使用というアイディア。
その下地胴縁の取り付けも。



f0059988_17231675.jpg屋根はポリカーボネート葺き。
本体屋根との取り合い部分、
狭いところでの、
板金屋さんの技が頼りで見もの。

実際に暮らしていく上で、
サンテラスの使われ方は
いろいろな可能性あり。
その使い勝手の幅広さには、
これからの住まい方のヒントとして、
ひそかに注目している。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2009-07-29 18:16 | 吉良町の家

完成見学会のご案内

もうすぐ8月だというのに、梅雨明けにならないなんて!
暑いときには、暑くなくっちゃ!と思いますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
完成見学会を間近にして、そとまわりと、サンテラス工事に影響が・・・。
当日まで、雨の合い間に頑張ってみますが、天気には勝てません。
でも、建物本体は、皆様のご期待に答えられる「夫婦ふたりの家」の完成です。
どうぞ、ご来場ください。 スタッフ一同。
f0059988_1985120.jpg
詳細については、ホームページおよび、下記まで直接、お問い合わせください。
TEL : 0569-24-8285  FAX : 0569-21-5171 
Email : info@hearthandhome.jp
[PR]
by hearthandhome | 2009-07-27 19:10 | 吉良町の家

縦置きハンドリングボックス

f0059988_17145018.jpg
4回目になるかな? 縦置きハンドリングボックス。
ギリギリの寸法だから、作業はなかなか手ごわい。

設置スペースをコンパクトにできるのがメリット。
集熱、立下りダクト、外への排気ダクトが一目瞭然。

ちょっと見ると、ロボット的なフォルム。
黒いネット部分はリターン空気のためのフィルター。
家中のホコリを取る。結構、良く取れる。
この位置なら、フィルターのこまめな清掃も簡単。



f0059988_17154147.jpg                                                       



階段、上った突き当たりの廊下に設置。
階段踊場から見上げるハンドリング。

縦置きハンドリングボックスの設置に慣れてはきた。

その一方、配管も含めて、美しさや音、
暖気の処理が気になり始める。

工夫に終わりはないということ。
構造体か家具的なもので囲ってしまう・・・?日比
[PR]
by hearthandhome | 2009-07-24 17:50 | 吉良町の家