カテゴリ:家庭菜園( 5 )

オクラの先に秋の気配

f0059988_13321486.jpg 
見学会を終えた
今朝の庭。
オクラを食す幼虫の姿。

さしもの夏の日差しも
いくらか和らいで
秋の気配。

残暑はまだまだ
厳しいけれど
実りの秋、
食欲の秋、到来。
[PR]
by hearthandhome | 2010-09-21 13:35 | 家庭菜園

本日の収穫

f0059988_1713874.jpg
ミニトマト、オクラ、キュウリ、
そして、初収穫の枝豆。

ひび割れたり、腐っていたり
色やカタチや大きさが
スーパーのモノとは違うけれど、
ちゃんと食べられればいいですけどね。





f0059988_1715930.jpg「亜熱帯だ!」などと誰かが言っていました。強烈な日差しが続きますが、
ときおり吹く風に、少し涼しさを
感じるように、なってきました。

ヒメスイレンは相変わらず、
ポツポツと開花し続けています。
まだまだ暑い日が続き、
猛暑の疲れが出る頃ですが、
そろそろ季節の変わり目を迎えます。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2010-08-31 08:28 | 家庭菜園

畑のにぎわい

f0059988_21454886.jpg
この暑さの中の野菜たちの生育ぶり。
それぞれに、うごめいて、たくましい。

オクラがシンプルな白い花を
ドーンと、つき出しています。
オクラの実は、すぐに大きく育って
硬くなってしまうので、
柔らかい時期に収穫しないと
捨ててしまうことになります。



f0059988_21462831.jpg
トウガンが転がっています。

スイカはあまり大きくなる前に、
虫に喰われるのを恐れて、
早めに食べてしまったけれど、
トウガンはどうでしょうか?

しっかり熟すまで待てるでしょうか。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2010-08-22 11:36 | 家庭菜園

草取り、もしくは、草むしり

f0059988_12551482.jpg雨の降った翌日は、作物も育つけれど
雑草もそれ以上に元気がいいように見えます。

引き抜く根っ子の抵抗がやわらぐから、
草取りの絶好のチャンス。
雑草が繁茂しちゃっていると、
つい短気を起こして闇雲に、草むしりなんてことも・・・。
でも、結局は一本一本、根から引っこ抜く
丹念な作業の積み重ねになりますね。

しかし、こんな風にして土いじりをしていると
生きる条件さえあれば、その子孫をどんどん増やす
植物や昆虫達の自然に備わっている成長力のことを
いまさらのように思い知らされます。


それは、逞しい生命力とか、境遇をものともしないど根性とか、人間がかってに擬人化して呼ぶこと
以上に、正に自然の摂理、「もともとそうなっているんじゃあ!」としか言いようがありません。

f0059988_134778.jpg
引っこ抜いた草を庭の一角に堆積して、堆肥を作る予定です。
うずたかく積み上げますが、
場所も取りますね。
フッと、除草剤や化学肥料のことや、
手間のかかる有機農法の
報われにくいご苦労を思いながら、
虫にところどころ刺され、かゆくなったり
また、草にかぶれながらの草取りです。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2010-08-14 08:57 | 家庭菜園

夏の収穫

f0059988_1643862.jpg家庭菜園の初心者として、
夏の収穫時期を迎えています。

こんなにも律義にたくさんの実を
次から次に付けるミニトマトは、
家庭菜園の優等生でしょうか。

市販のものに比べて
あまり甘くなく、少し酸味のある
トマト本来の味がします。



f0059988_1675883.jpg
大きく育ち、水気たっぷりのキュウリ。
どんどん実を付けるけれど、
水分が多すぎて、つまり、ちょっと水っぽい。

歯ごたえにシャキシャキ感が不足かな・・・?
どうしたら良いのでしょうか?









f0059988_16213521.jpg
ビールのお供、
枝豆のたわわな実り。
肥料を与えない方が良いらしい?

房の数も増えて、中味も膨らみ、
もう少しで収穫です。






f0059988_1691225.jpg
ゴロンと横たわるスイカ。
人間も鳥も虫も
実が大きく熟すのを待っています。









f0059988_1693589.jpg
カナブンと採り合って食べる
トウモロコシ。
半分以上、
カナブンに差し上げたでしょうか。

途中、ヤングコーンの野性味も
噛みしめましたが、
大きく実ったトウモロコシの
採り立ての旨さ、甘さは格別ですね。



その他にも、インゲン、モロヘイヤ、カボチャ、サツマイモなど、収穫の時を待っているけれど、
とにかく、強烈な生命力の雑草との闘いはすさまじく、草取りというよりは、根こそぎの草むしり。
虫や鳥との奪い合いまで気を回す余裕は持てそうもありません。
毎年、同じ場所に同じ種類の野菜は植えられないという掟は、不思議といえば不思議だけれど、事実は事実として受け入れるしかなく、家庭菜園に関わってみて、土と共に生きる人々の気持ちやご苦労の一端を思いやることができるかもしれない。(ちょっと甘いでしょうか?)

雑草は根気よく一本一本抜いていくしかなく効率を求めれば化学肥料や除草剤使用ということになる。
聞けば、人口爆発を食料面から実現したのが、実は化学肥料の功績であるという指摘は、
大げさに言えば、人類の生存を掛けた食糧生産の重みとも繋がってくるようです。 日比
[PR]
by hearthandhome | 2010-07-20 18:32 | 家庭菜園