カテゴリ:武豊町富貴の家( 4 )

新しい家具

設計を進めるとき、
どんな家具を考えに入れて室内空間を思い描くのかは、とても重要なことだと思います。
居心地の良さもピッタリくる家具あってのことと言えそうです。
ですから、皆さんには、事前に家具リストを提出していただくようにお願いしているのですが、
言うほど簡単なことではないのも、重々承知しています。
f0059988_1954554.jpg
竣工後、数ヶ月にして、ダイニングテーブルが「富貴の家」にやってきました。
なかなかインテリア的にむつかしい選択だったと思いますが、結構合っていて良かったなと思いました。
ダイニングテーブル無しでどうしていたのでしょうか?とお聞きすると、
居間の座テーブルでとのこと。


これで家具も揃って新生活が本格的にスタートかな?
住んでから、いろいろ取り揃えていくのも、一つのいい方法かもしれません。

日比
[PR]
by hearthandhome | 2006-07-05 09:33 | 武豊町富貴の家

アプローチの舗装

f0059988_9381640.jpgKさんの家の舗装工事が竣工したので訪問しました。
引越し後も、しばらくご不便をお掛けしたかもしれませんが、
奥のお母さまの家へのアプローチも歩き易くなり安堵いたしました。


f0059988_9384171.jpg




玄関脇の駐輪場での自転車の整頓もしやすくなったでしょうか。
(強風に煽られての自転車の転倒防止策でいい方法はないでしょうか?)

f0059988_9391193.jpg
かるくアールになった通路のセンターには、
お母さまのアイディアで
長年使われていた舗石を埋め込んであります。
こんなカタチで記憶が伝えられていくのも
いいものですね。
[PR]
by hearthandhome | 2006-05-27 17:19 | 武豊町富貴の家

武豊町富貴の見学会 終了しました。

f0059988_9122949.jpg3月11日(土) いいお天気の小春日和。OMの床暖房の心地良さを体感していただくには最高の一日でした。
3月12日(日) 一転して寒い日となりました。雨が心配されたほどですが、どうにか持ちこたえた曇り空の日。
こんな日はソーラーハウスもただの家ですが、昨日の日差しの蓄熱の効果がどのくらいのものなのかを確かめるには、もってこいの日となりました。
OM冬モードを理解していただくには、二日間ともご来場いただけると理解が深まったのではと思います。
補助の暖房をまったくしていないにもかかわらず、ほんのりとした暖かさはそのままで、あらためてOMの良さが実感できたのは言うまでもありません。

全体的にまんべんなくご来場いただき、ゆっくりお話をしていかれるお客様もお見えになり、
スタッフ一同、たいへん嬉しく思っていますし、良い家づくりにつなげられるよう願っています。
ご来場ありがとうございました。
また、7組ものOBの皆様の参加もいただき貴重なご意見や交流を持つことができ、
たいへん有難く思っています。ありがとうございました。

f0059988_9135019.jpgf0059988_9141573.jpg






完成建物の評判はたいへん好評で、フラットルーフのポーチやまっ白なキッチンのDKやナナメ天井の杉梁やロフトなど見どころいっぱいなのは事実ですが、「今まで見た中で一番いい!」とほめていただくご意見もあり、恐縮しています。

f0059988_9145385.jpg
これから始まるこの家での暮らしの中で、お子様たちの成長とともに、これから植えられるであろう樹木が生い茂っていく様子を、この家は見守っていくことになります。

オープンハウスが終わり、引渡しの時期になり、わたしたちは少し寂しい気持ちになります。それはどうやらお施主様も同じような気持ちになるようですが、そんな気持ちになれるのも、一生懸命家づくりに取り組んできた結果といえると思います。
f0059988_93879.jpg
「家づくりは楽しかったなぁ!」と言っていただけるように、これからも努めていきたいと思います。
[PR]
by hearthandhome | 2006-03-13 10:31 | 武豊町富貴の家

3月11日(土)12日(日)の完成見学会

完成見学会を真近にしたK邸です。f0059988_14484741.jpg
建物完成の時に、外回りもすべて出来上がっているというつくり方ではなく、外回りは造園も含めて、じっくり時間を掛けて、家族みんなでつくりあげていくというお考えのようです。生活する上で、ご不便をお掛けしないように外構の提案を迅速にしていきます。

建物の方は、素敵に完成しました。見所いっぱいですので多くの方の見学をお待ちしています。

f0059988_14472513.jpgこの家では、OM唯一の動力である送風ファンの電力を太陽電池にて発電しています。
先日、工事用の電源をカットしていたのにもかかわらず、OMの送風ファンが自動的に動き、床下に暖気を送り込んでいました。OMの技術の進歩と同時に、地震などの災害時、停電になった時も、太陽さえ出てくればOMは作動するのです。新潟地震での教訓の一つです。

太陽電池駆動のファンの音を聞いた時、なんだか、嬉しくも頼もしくも思いました。
[PR]
by hearthandhome | 2006-03-03 18:22 | 武豊町富貴の家