タグ:お宅訪問 ( 30 ) タグの人気記事

家の中通りの空間

f0059988_855760.jpg築6年「富貴の家Ⅱ」を訪問。
ツーバイフォーの構造体に、2階のナナメ天井部分やロフトに
在来工法の梁を使用した家で両工法のコラボレーションの建物です。

住み心地は想定通り、あるいはそれ以上との評価を
ご主人よりいただきました。
お子様もそれぞれに居場所を得て、思い思いに過ごすことが多く、
むしろ、リビングに集まることが少ないとのこと。先日うかがった二世帯住宅の秘訣と共通するものを
感じました。家庭の団欒の一形態でしょうが、現実的なものとも言えそうですね。

f0059988_856080.jpg
バルコニーともつながる2階のホールと階段が、
一直線に南北に抜けることで、家の中通りを明るくすると共に、風通しの良さも実現できています。

中通りの明るい空間、
バルコニーとつながるということが大きいですね。



f0059988_8562020.jpg






1階の和室を納戸としても利用され、
そのことで、1階のスペースが
整頓できている一面もあるようです。

ご家族の暮らしの変遷に伴って、
和室の使われ方が、様々に変わることで
時の流れに、うまく適応していけるのではと
思いました。参考にさせていただきます。日比
 
[PR]
by hearthandhome | 2012-12-29 08:30 | お宅訪問

築18年のお宅訪問

f0059988_1263517.jpg
築18年、最も早い時期に建てさせていただいた
OMの家の一つ、「富貴の家Ⅰ」を訪問しました。

その家のLDK+ロフト空間が「夫婦ふたりの家」と
同質であることに、今更のように気づかされました。
平屋の南壁の高さからナナメ天井で、
ロフトまでつながるワンルームの一体空間で、
ハシゴで昇るスタイルです。



f0059988_1271390.jpg




住まい手のご希望も、もちろんありましたが、
このような構成の優しい空間が
わたし自身、18年前から好みであったし、
既に実現もしていたのでした。

住まい手にも気に入っていただいているようですし、
訪問される方々にも、今でも好評のようです。

なんだか、原点に立ち返ったような
そんな気がして感無量でした。日比
[PR]
by hearthandhome | 2012-12-26 19:10 | 夫婦ふたりの家

住んでみて解る、トップライトのこと

f0059988_1981959.jpg「岩滑中町の家」では、南外壁の開口部を小さくして、大きなトップライトを屋根の南面に取り付けました。
既に5回の真夏を過ごし、眩しさを防ぐブラインドこそ
使うけれども、夏の日差しの強烈さを感じたことは全くなく、気持ちよく、天空よりの明るさを楽しんでいるとのご感想をいただきました。
電動にて開閉も可能なのですが、ほとんど閉めたままとのこと。いずれにしてもトップライトのベルックス製品の高性能が、カタログでの表記通り、証明されました。優秀な遮熱性能ですから、南屋根面にも大胆に使って、風通しの必要なプランの場合は、開けることで、
多いに有効性を発揮するものと思います。

そう言えば、天気の良くない日の洗濯物干しに
重宝していることは、特筆ものです。


f0059988_1983544.jpgオーディオや映像を愉しむための
リビングは、当初の予定通り、
充分に活用していただいていて、
壁一面に設えた本棚と、
それに沿わせた階段の使い勝手は
合格だったようです。
ただ、キッチンが暗くなってしまうこと、
また、スイッチの位置の不具合や
振り返った時、TVが見えるように
壁にスリットを入れたら良かったなど、
住んでみて解ることの多い改良点を、
ご指摘いただきました。
[PR]
by hearthandhome | 2012-12-21 08:36 | 平屋に見える2階建

秋色

f0059988_932312.jpg子供室の間仕切りをリフォームして
いただいた「楽園町の家」を訪問。

西側の外観に西日が当たって、
玄関前の植栽の紅葉の赤と、
バルコニー手摺の黒とが重なって
幻想的な美しさに
見とれてしまいました。

秋ですね。
秋色ですね。


f0059988_9464760.jpg冬の自然な暖かさは折り紙つきですが、夏の暑さにはエアコンは必要不可欠とのこと。プラン上の制約はあるけれど、もう少し、東西南北とも風が通り抜ければ良かったとのご指摘でした。

また、子供たちの成長に伴って、
部屋の使い勝手も変わり、
「住んでみて解ること、住んでみなければ解らないこと」は、やはり有って、
これから思春期を迎えるお子様のこと。
さて、どうなりますやらです。

わたしたちとして、お役に立つことはどんなことでしょうかと、繰り返し問われてくることになりますし、
少しでも、そのための備えを心掛けたいと思います。日比
[PR]
by hearthandhome | 2012-11-25 08:05 | 住みながら思うこと

「上池町の家」 お宅訪問 (3) 子供室のベッド・夏場のストーブ

f0059988_17415894.jpg2階の小屋裏スペースの子供室に、
収納ボックス等の入れられる高さの
ベッドを購入されました。
楽しそうで嬉しそうなご兄弟の様子。
お二人の成長に伴って、このベッドが
有効に働いてくれるものと思います。

やみくもに大きな収納スペースは考えものですが、使うべきところに適度に設ける収納が大切なこと、住んでみて解ることの一つかもしれません。


建物配置として、北側に取った3メートルの空きスペースは、和室の北庭確保が第一の狙いでしたが、必要な収納としての外物置や作業小屋のためのスペースとして、とても有効になっています。
北側一杯に建物配置した場合、外物置などに窮して、それらがアプローチ前面に出てきてしまうのは残念なこと。計画の段階から、十分留意しておきたいことですね。

f0059988_17425363.jpg夏場のストーブは、虫かご置き場としての役割が与えられていました。
ストーブの色の精か、虫たちも落ち着いているとのことで、
無用の長物でなくて、なんだかわたしもホッとしました。

住まい手にとって、設計の段階と住んで見て解ることの違いに、
コンセントの位置を挙げられました。
確かに微妙な誤差は有りうるところで、それが結構、不便なんですね。
暮らしの場面をよくよく想像しないといけないようです。

暑い盛りの「お宅訪問」。貴重な教訓をいただきました。ありがとうございました。
[PR]
by hearthandhome | 2012-08-31 08:00 | お宅訪問

「上池町の家」 お宅訪問 (2) 土地選び・お宅訪問

活発なご兄弟の動きを横目で見やりつつ、お抹茶をいただきながら、心地よい南風の通る
ダイニングにてお話を伺いました。この家の夏の暮らしの快適さは、間違いなく折り紙つきです。

f0059988_17411735.jpg以前から、OMソーラーの良さを、奥様が好ましいものと受け止めておられ、
最初はウサンクサイと思われたご主人の理詰めのアプローチがピッタリ当てはまり、弊社への資料請求、お宅訪問や
見学会参加へと進みました。
やはり、「太陽熱の床暖房」が
決め手のようでした。
小学校入学を建設のゴールと
決めていたことも、住まいづくりの
順調な進展に寄与していたようです。


並行して行った土地選びは、インターネット情報の検索や複数の不動産屋への依頼の他、
通りがかりの空き地に立っている看板にも気をつけて、直接、電話連絡もなさったとか。
結果として、この行動が決め手となったようです。土地選びからのご家族には参考になりますね。

見学会での建物の実体験と並んで、「お宅訪問」という、いわば見ず知らずの他人を、我が家に
招き入れる住まい手の存在にビックリ。そして、住まい手とつくり手の信頼関係があってこそ成り立つ
この企画自体が、つくり手への信頼になっていったと述懐されました。
今では、そのご当人がご自宅を「お宅訪問」として公開していただいているのですから、あらためて、
「お宅訪問」の依頼に応じていただける、住まい手の皆様に感謝申し上げたいと思います。
[PR]
by hearthandhome | 2012-08-29 07:46 | お宅訪問

「上池町の家」 お宅訪問 (1)

f0059988_16121216.jpgうかがうたびに、ご主人手作りの何かを
見ることができる「上池町の家」。
樹木の成長や丹精込めた家庭菜園、
アサガオの絡まる竹のフェンスを
拝見しながら、厳しい日差しの午後、
「お宅訪問」です。

外にまでよく聞こえるご兄弟の
元気の良い大きな声も微笑ましい。
インタホンをピンポン・・・。
すかさず 「アッ、日比さんだ!」


f0059988_16503693.jpgご主人得意の木工事だけではなく、今回は水道工事もDIY。
既製品の流しを使って、本日の午前中に、「外流し」完成!だそうです。
水道柱はプラスティックではなく、木製での自作。
準備段階の設計や材料の拾い出しは大変だけれど、
作り始めてしまえば楽しいとのこと。
これからも、自作すべき仕事は外物置、工作場と続々とあり、
ご多忙にもかかわらず、暮らしを楽しんでいらっしゃいます。
[PR]
by hearthandhome | 2012-08-27 07:10 | お宅訪問

「夏の暮らし、お宅訪問」

今年の夏、まったく無風の時は比較的少なく、結構いい風が吹いているように感じますが、いかがでしょうか?夏の暮らしにとって大事なことは、家中を縦横に吹き渡る風通しだと思います。「上池町の家」の夏の暮らしを「白沢の家」と対比しながら見ていただくのも、興味深いものになるはずです。
f0059988_12482518.jpg

[PR]
by hearthandhome | 2012-08-19 12:48 | お宅訪問

「植大の家」 訪問 (2)

「OMスマートネット」について、ご説明とともに、夏の暮らしの拝見にお邪魔しました。
現在、「植大の家」では、タッチパネルリモコンは装備されていませんが、住み心地の良さを十二分に感じていらっしゃることから、「見える化」およびHEMS導入のメリットを、もう少し知りたいというお考えでした。今後、より具体的なメリットの提供に努めて参りたいと思います。
f0059988_183329.jpg
この夏の過ごし方の新しい方法として、早朝に制御盤にて温度差を確認して、外気が比較的、冷えている日には「DOMAく~る」運転をなさっているとのこと。少しヒンヤリして、良い効き目なんだそうです。
f0059988_1894120.jpg
今夏は無風の日が無く、南風が家中を吹き通り過ごしやすいとのことでした。省エネライフを自然体で実践なさっていて、HEMS導入の効能はHEMS機器に頼らずとも、既に実現されているかのようです。
この家のデータを「OMスマートネット」の「環境家計簿」に打ち込んだ結果を見てみたいと思います。

つまり、「OMスマートネット」の特徴の一つは、登録するご自分のデータを、他の登録者と共有し、比較検討し、さらに高め合うことができるということかもしれません。そのことにメリットを見出すかどうかは、それぞれ各人の捉え方次第なのでしょうか。 そうそう、この家にもエアコンはないのです。日比
[PR]
by hearthandhome | 2012-08-18 08:05 | お宅訪問

「植大の家」 訪問 (1)

「樹木の生長は早く、こまめな剪定をしないと、なかなかたいへん。だから植樹の時は、よくよく先々のことを考えておかないとね。」とのご主人の述懐をお聞きしながらの「植大の家」のお宅訪問です。
f0059988_14533786.jpg
ウッドデッキ前の潅木は
南道路からの視線を遮るのに、
3年で十分過ぎるほどの大きさに生長。
むしろ、毎年の選定が必須です。

ウッドデッキの手摺のデザインは
設計時の南道路からの目隠しという
役割からは開放されました。




f0059988_14542120.jpg

西側道路境界線の
お手植えの生垣もビッシリ生え揃い、
堅固な美しい姿を見せています。
町並みをかたちづくる上でも
大きな役割を果たしています。

プロにお任せしないでも、
ここまで綺麗な生垣に出来るんですね。


f0059988_15313361.jpg

真夏の強烈な西日への対策です。
まず銀色の遮熱シート、
出窓の小庇先端に、簾を取り付けて、
その外側にゴーヤの蔓が茂るという構成です。
ご苦労の跡がしのばれます。
見た目も、とても涼しげですね。
日比
[PR]
by hearthandhome | 2012-08-16 09:00 | お宅訪問