人気ブログランキング |

住宅版エコポイント

通常よりも建設コストが高くなりがちなエコハウスを建てたり、エコリフォームをしようとする場合、
住宅版エコポイントとして補助するという制度が、スタートしました。
期間限定ですから、今のこの時期に与えられた、建築予算を少しでも有効に使えるチャンスです。
f0059988_1513351.jpg
エコ仕様にしようとする場合、通常の価格より、どのくらい余分にコストが掛かるのでしょうか。
それぞれの「つくり手」の通常の仕様が、どの程度のものかによって違ってきますが、エコポイント獲得のためのハードルとして、もっとも関心の高い断熱性能の等級として、「次世代省エネ基準」があり、
これをクリアーしていることを証明をする必要があります。その為の手続きに少し手間はかかりますが、
ハースアンドホームの仕様は、もともと、「次世代省エネ基準」をクリアーしていますので、
余分な建設コストは掛かりません。どうぞ、ご安心ください。

特に、新築住宅でもらえる30万ポイントは、追加工事にも使えるということになっています。
リフォームの場合は、部位別に細かくポイント数が設定されています。
また、併用するものとして、住宅金融支援機構の「フラット35S」があり、その適合証明を取ることで、
住宅版エコポイントが受けられるとともに、ローン金利の引き下げという大きなメリットもあります。

ハースアンドホームでは住宅版エコポイントや「フラット35S」に関しての申請業務やアドバイスの
サポートを行っていますので、詳しくは、どうぞ、お気軽にお尋ねください。
by hearthandhome | 2010-03-23 08:14 | 家づくりへの思い


<< お彼岸 春まつり >>