杉床材の黒いシミ

洗面所の杉の床材に、このような黒いシミが発生。原因はいくつか考えられるでしょうが、
多くの場合、一つは黒カビによるもの、もう一つは、洗剤との化学反応が引き起こすようです。

f0059988_1714456.jpg洗剤との化学反応の場合は、
食用酢をその部分に塗布して拭き取ります。
食用酢の酢酸によって中和させます。

効き目がない場合は、黒カビでしょうから、
酢酸の影響が無くなる二週間後に、
漂白剤にて、黒カビに対処することになります。
漂白剤を使う場合は、弊社で用意しますので、
ご連絡ください。

今回のお宅の場合は、
食用酢を使用して、すぐに黒さはなくなりました。
跡形もなくとはいかないけれど、
杉材の経年変化によって、目立たなくなります。
漂白剤など使わないで済めば一番いいですね。日比
[PR]
by hearthandhome | 2010-07-21 08:26 | メンテナンス


<< 「小さな家。計画」 と 「夫婦... 夏の収穫 >>