「東浦町緒川の家」 見学会ご来場御礼。

22日(土)・23日(日)の見学会、まずまずの天気に恵まれ開催することができました。
ご来場いただいた方々には、厚く御礼申し上げます。f0059988_11361154.jpg
ご来場の方々が重なってしまったときには、十分なご説明ができなかったのではないかと思いますが、
これを機会に、わたしたちの「家づくり」について、少しでも知っていただけますよう、願っております。
また、今後も、様々なイベントのご案内を差し上げさせていただきますので、
どうぞ、ご参加ください。
次回は「土曜すまい学校」開校とOMソーラー協会」本社の「地球のたまご」
訪問の予定です。


この建物は、真っ黒なガリバリウム鋼板とアクセントとしてのウッドデッキや手摺の木部の外観デザインにおいても、内部の変化に跳んだ空間構成や各所に設けられた飾り棚によるデザインにおいても、
立つ位置や見る角度によって、様々な表情を見せ、見飽きることがありません。


f0059988_11371244.jpg
2階リビングの西側に拡がる木立や田園といった景観も、しっかり取り込み、飾り棚などの間接照明との相乗効果もあって、刻々と変化する季節や時刻の移ろいを感じさせ、室内により深みを持たせてくれています。

また、OMソーラーによるほんのりとした自然な暖かさと、オーディオの
バックグランドミュージックによって、その良さは倍加され、居心地の良いスペースの一つの好例として体感していただけたものと思います。

また、洗濯・物干し・取り込み・整理など日常の家事のし易さを考えた、
細やかな作り付けの収納家具類のしつらえには、多くの方にご納得いただけました。
シュークローゼット、トイレ、洗面所、洗濯機置き場など、説明する方にも、つい力が入るほどでした。

f0059988_12405585.jpg
住まい手のOさんからいただいたそれらの考え方は、
たいへん貴重なものだったとあらためて思います。

f0059988_11524171.jpg


土曜日の夜は、ごった返す中、住まい手のご両親にも説明役をしていただき、恐縮いたしましたが、
ご両親も喜んでいただいているようで、たいへん嬉しく思いました。
ありがとうございました。

ユーザーの方にも多くご来場いただき、なによりもお元気なお姿に安堵いたしました。
いろいろなお話の中で、この家に対する賛辞もいただきましたが、気付かされた貴重なこともございました。またの機会にも、ぜひご参加していただけるよう願っています。
f0059988_1157336.jpg
また、別に、わたしたちの進めている「夫婦ふたりのための家」など
「プロトタイプ住宅」についても、多くの方に関心を持っていただきました。中には「もうそれ以上説明せんどいて!欲しくなっちゃうから・・・」という方もみえ、苦笑いたしましたが、ホームページの右上部をクリックしていただけると内容紹介が載っていますので、必要な方は覗いてみてください。


f0059988_13393631.jpg「設計者と創る、満足のいく家づくり」として
わたしたちの方法 hearth method を進めてきて
いま、また一つここに完成いたしました。
住まい手のOさんには、設計施工においてはもちろんのこと、
チラシづくりにおける寄稿(チラシ裏面のコメントです)や
見学会での家具、備品、そしてオーディオの提供にまで、
まさに協働していただき、深く感謝申し上げます。


f0059988_12111454.jpg今後も、それぞれの人々やご家族にとって
本当に居心地が良く、心がポッと暖かくなるような
家族の団欒のかたちを目指していきたいと思います。

あなたにとっての
「ナチュラルな暮らし・わたしの家」を
ともに創っていきたいと思っています。
[PR]
by hearthandhome | 2006-04-24 13:33 | 東浦町緒川の家


<< 防犯について 覚王山(かくおうざん) >>