人気ブログランキング |

「健康」と住まい

高齢化社会を迎える住まいづくりの現実において、従来にも増して気になるのが、
心身ともに「健康」であるということ。心と身体は、表裏一体、決して切り離せないもの。
そこがデザインのやりがいのあるところと言っては解りにくいでしょうか?

住まいを提供する立場から、「健康」であるために心すべきことを解りやすく言い表すと、
① 一日に30分、できれば1時間以上は歩くこと。  <周囲の環境と健康への習慣づけ>
② 季節の旬の食品を、よく噛んで食すること。   <キッチンとダイニング>
③ 安らかな睡眠がとれること。          <主寝室>
④ 身体をほんのり温められ、
  家中、同じくらいの温度であること。 <断熱気密性能と熱源。そして、風呂>
⑤ 最適な湿度の新鮮な空気を呼吸すること。    <風通しと調湿性能>
⑥ これに家族の団欒が加われば理想的です。    <リビング>

さてそれで、ご家族の毎日の暮らし方のそれぞれの個性を考慮してコストや敷地条件とのバランスの中から最適解を求めていくのですが、ここに掲げた「健康」は常に頭に入れておきたいことです。
「健康」をうたうために、使用する建築材料の化学組成を微に入り細に入り追求するのは、
本末転倒と付け加えておきます。
by hearthandhome | 2013-09-09 06:00 | 家づくりへの思い


<< 高台からの眺望 コンバイン >>