人気ブログランキング |

カテゴリ:白沢の家( 72 )

屋根の上

高温多湿、豊富な降雨量、また、風雪に耐えるという表現と共に、甍の波と謳われた日本の屋根。
今、このとき、太陽の光と熱がサンサンと降り注いでいる、自然エネルギー利用の重要な場所として、
日本の、特にこの地域の屋根は好条件を要していると言えます。

f0059988_23215238.jpgOMの集熱パネルはもとより、
集熱された空気の送風に使われる
ファンのためのだけの電気を供給する
太陽電池の設置をしています。
高度で高価な蓄電の技術を必要せず、
発電してその場で使うという
正に地産地消といえるものです。

災害などで停電したとしても、
太陽さえ出てくれば、
OMの運転が可能となることは、もっと、取り上げられても良い技術です。

f0059988_23405264.jpg「夫婦ふたりの家」の屋根の特色の
一つに、比較的大きな流れ勾配の屋根があります。
集熱パネルや太陽電池を載せるのには好都合となりますが、降雪時には、
大量の雪が落下することも有り得ます。その防止のために雪止め金具を
取りり付けています。
既存の屋根材に無理やり、穴を開けて取り付けるのではなく、金属屋根材に穴を開けずに、締め付け金具での
設置ですから、安心です。日比
by hearthandhome | 2012-05-02 08:31 | 白沢の家

階段の設計

f0059988_0101837.jpg階段は、言うまでもなく、
空間を上下に移動するためにあって、
特に、吹き抜けを伴った場合は、
とてもドラマティックなものとなり、
使い易さはもとより、長年の使用に耐えうる力強さと、
その場にふさわしい美しいデザインが求められます。



f0059988_094749.jpg







「白沢の家」では、
昭和を感じさせるシンプルな重厚さと、
構造体露出の軽やかなデザインの
階段が組み上がってきました。

Jパネルの段板も含めて、すべて杉材です。
日比
by hearthandhome | 2012-05-01 10:25 | 白沢の家

ガルバリウム鋼板張 階段工事

f0059988_16574451.jpg
このところの天候不順、よく降りますが、
外部足場の中では、外壁工事が進んでいます。

金属の持つ硬質感と折り曲げが生み出す陰影、
その上、メンテナンスフリ-という特質もあって
大人気のガルバリウム鋼板の仕上がりです。

1階部分の吹付け仕上げとのバランスで
重厚過ぎずに軽快な外観をかたちづくります。

足場が取れた時の姿が目に浮かびます。



f0059988_170077.jpg

内部造作では、2階床の杉板張りとともに、
リビングの階段工事が始まりました。
使い勝手上も、空間的にも
この家全体を引き締める階段になります。

柱、ささら桁、手摺、踏み板と、すべて杉材。
踊り場の下に収納スペースを持つ以外は、
ストリップの美しい階段です。

作り出す技の手先の動きを見ていると、
階段の出来上がりが待ち遠しくなります。
日比
by hearthandhome | 2012-04-24 17:17 | 白沢の家

縦置ハンドリングボックス

f0059988_185136.jpg2階床上の縦置ハンドリングボックスは、
見た目、ロボットみたいでユーモラスですが、
毎回、その設置に、担当者の頑張りが光ります。

図面上の考察と、現場での実際の納めは
やはり、異なっていて細かな工夫が不可欠。
様々な方向からくる熱ダクトを受け止め、
スムーズな空気流れを搬送するのですから、
なかなかの精度を要する作業ではあります。

特に、「白沢の家」のようにプラン上の制約から、
外壁に接しない位置に設置する場合は、
排気ダクトの経路の確保がハイライト。
1階の天井を下げて、そのふところを利用しています。
出来上がりを、お楽しみに・・・です。日比
by hearthandhome | 2012-04-19 16:30 | 白沢の家

ナナメ天井の照明器具

f0059988_17531268.jpg屋根勾配に沿ったカタチの
ナナメ天井に照明器具を取り付けるのは、
ちょいと工夫がいります。

天井に取り付けるのは敬遠して、
壁のブラケットが多用されていますが、
部屋の中心に照明が欲しい場合は
勾配天井用のコードペンダントを使ったり、
大工さんによる杉の台座をつくったり、
わざわざ無垢の梁を通して取り付けたり・・・。

このようなカタチのシーリングを取り付ける場合は
それ用の台座を考案してと言うことになりました。


f0059988_17533217.jpg


「白沢の家」では、ナナメ天井の子供室に、
既存シーリングのための金属製の台座を
住まい手自ら考案し作成し提供していただきました。

照明器具が取り付いてしまえば、
見えなくなる台座ですが、丁寧な仕事ぶりです。

半信半疑でしたが、うまく納めることができそうです。
学ばせていただきました。ありがとうございました。
日比
by hearthandhome | 2012-04-18 08:11 | 白沢の家

軒天井の杉板張り

f0059988_15443649.jpg天候のために延び延びになっていた
西側ケラバの軒天井の杉板が張り上がりました。
塗装精度UPのため、張る前に塗装がしてあります。
ケラバの出巾、900㎜ですから、
大きく、ゆったりしています。
太陽の照り返しを反射して、美しく仕上り、
外部足場が外れれば、
西側道路から見上げる時、その柔らかい表情が、
住まい手だけではなく、行きかう人々の心をも、
和ませてくれるはずです。

外壁の構造用面材ダイライトの上に透湿シート、
その上に通気工法用の木下地の構成です。
外壁が仕上がる前に見えている
耐震、防火、結露防止の仕様です。 日比
by hearthandhome | 2012-04-08 08:30 | 白沢の家

一枚板 片耳付

f0059988_15545610.jpgご自宅を建設する時、
時間や段取りさえ許せば、
実際の作業を、できるだけ、
ご自分の手でやってみたいと、
思われる住まい手もいらっしゃいます。

お仕事やなにかやで時間は取られ、
願っていた事を実現できることも
限られてしまいますが、
この家の住まい手は床の間の床板に、ウルシを塗ることを選択されました。


f0059988_15551419.jpg床板には、桧の一枚板・片耳付を。
昨日、現場に届きました。
片耳付とは、板のエッジ部分に
木材の丸い自然なカタチが
そのまま残っている板のことです。

桧のかぐわしい香りと共に現れた
美しい木目のしっかりした板です。
塗ってしまうのはモッタイナイという
外野の声も聞こえてきますが、
ウルシ塗りの仕上がった状態を
拝見するのが、楽しみです。日比
by hearthandhome | 2012-04-06 08:01 | 白沢の家

小さな金物類の重要な役割 (外部造作工事)

f0059988_16313443.jpg外壁を仕上げる前に、細かなところに金物類が付きます。
小さいけれど、それぞれに重要な役割を担っています。

鼻隠し板の先の軒先には、OMの外気取り入れのための金物。
一列に配され、太陽熱の集熱と室内への新鮮空気の取り入れ口です。
鳥やこうもりはもちろん、花粉も入るのは難しいでしょう。



f0059988_16331820.jpg南と西に大きく張り出した庇の軒裏は、
塗装済みの、杉板が張られます。
西道路から、この建物を見上げた時、
そして、居間から軒裏を見上げた時、
やはり、そこに柔らかい杉板が
眼に飛び込んできてほしい。
そんな住まい手の優しい思いが
込められています。
軒裏の高い位置に、白い軒裏換気口が、一列に取り付けられています。
軒裏換気と外壁の通気抜きもその役割となっています。

f0059988_1646202.jpg西側の外壁には、アルミの小庇を取り付けました。西に大きく開けている分、夏の西日も強烈のはず!
その対策として小庇を取り付け、
小庇からスダレをぶらさげるつもり。
スダレが風でユラユラ揺れるから、
スダレの下端をヒモで固定してね。

でも、一番気になるのは、
小庇のある西外観のデザインのこと。
住まい手らしい、素敵なこだわりです。
by hearthandhome | 2012-03-31 08:00 | 白沢の家

屋根 ガルバリウム鋼板葺き

f0059988_164293.jpgブルーシートや防水シートで
屋根を覆ってはいても、
やはり、ガルバリウム鋼板による、
しっかりした板金処理によって、
雨対策完了で安心です。

これからの過酷な自然条件の中、
この家を守る一番手。
さらに太陽熱の集熱にも、一役買い、
所定の位置に二枚の太陽電池が
載ってきます。


屋根葺き材料としての、ガルバリウム鋼板の定着ぶりは、それこそ、アッと言う間のことでした。
トタンと言われ、安物の代名詞であった金属板屋根が、塩害のこの知多半島で急速に普及したのは、軽量であるという施工のし易さと、耐震性において有利に働いたこと、そして、何より、錆びにくいという化学の合金技術の力ですね。その特性から、外壁に使われることも、とても多くなりました。日比
by hearthandhome | 2012-03-30 16:15 | 白沢の家

断熱工事

f0059988_1835969.jpg
外壁:高性能グラスウール 16 K ア90
屋根;高性能グラスウール 24 K ア180

次世代省エネ基準は当然クリヤー。




f0059988_18354751.jpg







その室内側に、
いつも気にしている内部結露防止と
高気密のためのポリエチレンフィルム張り。

いつもの専門職人による断熱工事ですから
手際よく、丁寧な仕事ぶりで安心です。
日比
by hearthandhome | 2012-03-23 18:42 | 白沢の家