人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

そろそろ造園を

と、思われているお施主さんから、時々相談を受けます。
新築時には、家のことだけで大変だったり、良く分からなかったり。
毎日の暮らしが落ち着いて来た頃「ここに木があると良いなあー」と実感してくるようです。

f0059988_1710202.jpg
「武豊の家」は設計の時から予定をしていた和室前の、和風過ぎない庭が完成しました。
丁度、額縁の絵のように。
庭師さんに雰囲気だけお伝えして、
細かいことはお任せです。
りっぱな40年生のソヨゴとイロハもみじに山茶花。
和室に上がりようの石や、めだかを育てる鉢もはいりました。

f0059988_17434443.jpg 

                                       







「風車の見える新舞子の家」は、こつこつとご自分達で庭造りをしています。
f0059988_1864332.jpg
f0059988_1810548.jpg
建築時から周辺の様子が変わってしまい、Oさんも大変残念がっていましたが、
お隣との目隠しがなくなり、つうつうになってしまいました。塀もやりたくないので、生垣用にレッドロビンを植え、ちょっと気長に大きくなるのを待ちましょうといった感じです。
アプローチの枕木にもシマトネリコを植えました。
次ぎは和室前の計画だそうです。
                                               (武豊の家のお雛様)
f0059988_1744397.jpg
2月も今日で終わりです。                     
明日から春めいてくると良いですね。
私もやっと冬眠から覚めてブログに投稿です。
またよろしくお願いします。  吉本
by hearthandhome | 2008-02-29 17:10 | 住みながら思うこと

名古屋駅前 摩天楼

f0059988_14555163.jpg
メンテナンスのワークショップのため、名古屋駅前に降り立ちました。
お昼頃には雪も降るような寒さでしたが、急激な気温の変化でもあったのか、
高層ビルの頂き部分が、靄の中に突っ込んでいて、幻想的な雰囲気になりました。
元気印、名古屋の象徴らしく、そのデザインの華やかさや奇抜さを競って天に伸びる様子は、
現代版バベルの塔ですね。  日比
by hearthandhome | 2008-02-28 07:57 | 雑記

町並み。 敷地測量にて

f0059988_1542672.jpg実施設計に入るタイミングの今、
建築予定地のレベル測量を行いました。
以前、ラフプラン作成前に、この敷地を見て以来、
数ヶ月ぶりの訪問でしたが、
北側隣地には、某ハウスメーカーの家。
その右隣には地元の工務店の
平屋建て、土壁の家を建築中。

西側道路を隔てた西側隣地にも、
某ハウスメーカーの家が工事中、
また、完成したばかりの家も建っていました。

このあたりはものすごい建築ラッシュ!!
見事なまでのバラバラの外観。
ミニ住宅展示場(住宅展示場さん、失礼!)の出現。

わたしたちのできることに限りはありますが、せめて、ハースアンドホームの建てる家は、
太陽や風の動きに鈍感ではなく、周囲に対して美しく自然な姿でありたいと思います。 日比
by hearthandhome | 2008-02-27 15:01

実施設計 打ち合わせ

f0059988_1423284.jpg「青山の家 Ⅱ」の和室にて、
実施設計の打ち合わせを行いました。

計画中の部屋のサイズや、
照明計画や照明器具の参考に
このような実際の家での打ち合わせは、共通する部分も有り、
なかなか有効なものとなりました。

北側と東側からの
内障子の明かりが綺麗ですね。


f0059988_14294434.jpgちょうど、打ち合わせ中の家にも
キャットウォークを設計中。
実際にキャットウォークに
載っていただき
実体験していただきました。
吹き抜け窓のロック開閉のためです。
夏場の風通しは抜群!

来場者には尻込みされる方が多かったのですが、
奥様、結構、平気で少し、ビックリ!
そこでパチリ。

f0059988_1423458.jpg







和室の北側に設けた
履きだし窓の内障子が、
床の間のような雰囲気をかもし出して、
こんな使い方もあるんだと、好評。
無造作に押入れをとってしまうことの多いスペースですが、和室にも、落ち着きを与えているようでした。
日比
by hearthandhome | 2008-02-25 14:53 | 東浦町生路の家

「青山の家 Ⅱ」 体感見学会

本当に寒い二日間でした。
OM冬モードを体感していただくのには、最適な天気の見学会だったと思います。
10:00開場でしたから9:30には補助暖房を点火しましたが、暖まるのには数時間を要したようです。でも、室温が落ち着いてからは、19:00くらいまで会場に居ましたが、寒さを感じることはなく、
見学会終了後、外気に触れた時に、外気温の冷たさに驚いたほどです。
昼間の蓄熱が、夜間の急激な温度低下を起こさせないという、OMの床暖房の特質を実感させてくれました。また、床が局所的にポカポカでなのではなく、家中の床のすべてが、冷たくないことの快適さがなによりです。低温暖房の心地良さです。
f0059988_1347196.jpg

f0059988_13404855.jpg3年目を迎える「青山の家 Ⅱ」
新築当時とほとんど変わらずに
綺麗に使っていただいていましたが、
床のパイン材の色は、いい色に変わっていたのが印象的です。

でも、暮らしぶりの雰囲気は、そこほこに漂っていて、新築の完成見学会とは
一味違った、築2年の家を感じていただけたと思います。



日曜日には、少し雪が残るというほどの寒い中、ご来場いただいた皆さまには厚く御礼申し上げます。 
また、こころよく会場をお貸しいただいたユーザー様には、感謝申し上げます。 日比
by hearthandhome | 2008-02-25 14:51 | 青山の家 Ⅱ

紅梅 開花

f0059988_17514083.jpg
紅梅の開花です。満開です。
日差しにも柔らかさが・・・。
日暮れも少しゆっくりになったでしょうか。 
 
朽葉の溜まったメダカ池には、
氷も張ってまだまだ冷たそうです。
メダカたちはちゃんと
越冬できたでしょうか?

でも、
春、遠からじですね。

寒さも、まだまだぶり返すでしょうが、
季節は巡っていきます。
生命が巡ります。
もうすぐ春ですね。
日比
by hearthandhome | 2008-02-23 08:31 | 雑記

「青山の家 Ⅱ」  体感見学会

f0059988_1820788.jpg
         半田市青山七丁目、稲荷公園の北です。   お待ちしています。 スタッフ一同。
by hearthandhome | 2008-02-21 08:24 | 青山の家 Ⅱ

「青山の家 Ⅱ」 見どころ (3)

直階段がリビングから伸びています。リビング上部の吹き抜け、2階の間仕切りなしの子供室とも、
一体となったダイナミックなひろびろ空間です。 「大きな吹き抜けに家族の笑い声が響く家」です。

f0059988_16234099.jpgf0059988_16244297.jpg















この冬、雪の降るのは、何度目でしょうか。
地球温暖化から連想されるのが「暖冬」ですが、今年の冬は、ことのほか温度差が激しいですね。
CO2削減の目標値として、関係機関より、80%近い数値まで発表されています。
化石燃料に頼らず、省エネに徹することも大事なことでしょうが、このような事態になっては、
わたしたちの暮らし方そのものに、変革を求められているように思えてなりません。

f0059988_18123673.jpg     「青いバルコニーの家」  
          2月23日(土)・24日(日) 
                   10:00~16:00 
 

         とても寒い日だといいですね。
         半田市青山にてお待ちしています。  スタッフ一同
by hearthandhome | 2008-02-19 08:32 | 青山の家 Ⅱ

「青山の家 Ⅱ」 見どころ (2)

f0059988_18185558.jpg対面式オープンキッチン全盛のこの頃、
この家では、少数派になった
クローズドタイプのキッチンです。

リビングダイニングを気にすることなく、
調理に励めます。後片付けも・・・ね。
食卓テーブルへの配膳は、
ワゴンの使用を前提にして。
すぐ横に、洗濯機スペース、
つまり、調理しながらの洗濯が
容易というわけ。


f0059988_18211837.jpgこのキッチンのカタチは、
洗濯機や洗面所への通路としても、
有効に使え、グルグル廻れる回遊動線となって
家事の動きがスムーズです。

リビングからは、
しっかり遮られていますが、
その一方、キッチンのこの通路は、
南から北への風が通り抜けると共に、
ダイニングから、視線の抜ける道でもあります。

細かな収納も含めて、
炊事、洗濯、物干しなどの
家事動線は見どころの一つです。
日比
by hearthandhome | 2008-02-18 08:54 | 青山の家 Ⅱ

「青山の家 Ⅱ」 見どころ (1)

f0059988_17433273.jpg道路を隔てた南に児童公園があるという立地。見通しがいい替わり、
しっかり見られることも多い。
南庭の作庭や、ウッドデッキの手摺などで、上手に隠していくことになります。
「青いバルコニー」は、バルコニーでの物干しの使い方から、平面的に互い違いのデザインに。下方からの視線を遮りながら隙間から風を通します。
青とホワイトの色調で、シンプルモダンな外観になりました。


f0059988_16141961.jpg家の中心、南面に大きな吹き抜け。
階段も一体で、2階の子供室とは、ひと間つながり。
お子さんの気配は十分に伝わり、
北の和室の奥まで、冬の日差しが差し込みます。

吹き抜けのキャットウォークは、無垢の杉の梁。
白壁に確かな存在感を示しています。
吹き抜けに面した南窓の開閉をして、
風通しに抜群の効果を発揮します。


このように吹き抜けは、光と風と温熱の中継の
役割を果たし、同時に、家族の絆を結びます。
日比
by hearthandhome | 2008-02-15 08:30 | 青山の家 Ⅱ