人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

覚王山は満開

日曜日は予報通り雨で、お花見は残念でしたね。
覚王山の桜はあっという間に満開です。
通勤路の桜に見とれて、気持ちもほんのりさくら色に。
揚揮荘の桜も見事に咲いていました。
今夜あたりは夜桜がきれいでしょうね。  吉本

日泰寺
f0059988_19232899.jpg

日泰寺の五重塔
f0059988_19233679.jpg

揚揮荘の白雲橋 
f0059988_19231941.jpg

by hearthandhome | 2008-03-31 19:38

「楽園町の家」6ヶ月点検

f0059988_15391687.jpg少し早いですが、季節の変わり目ということもあり6カ月点検を行いました。
OMソーラーの機械が正常に動いているか、温度設定などの確認です。
OMは異常なし。その他家の不具合や気になることをお聞きします。
床の傷はそれなりに付いていましたが、一箇所大きくへこんだ所はパテで補修。
小さな傷は蒸気を当ると元に戻るので、少しずつやってみましょう。
初めて過ごした冬の感想は、暖かく過ごせて快適だったそうです。
寒い朝は補助暖房をつけることがありましたが、光熱費は前の家と同じぐらい。以前の局所暖房と、OMの全体暖房を比較すれば金額の差はもっとあるということですね。
お父さんは冬の夜「ちょっと寒いなー」と、奥様から「パジャマ一枚でしたからね」と聞いて、納得。一枚羽織れば寒くないですね。

ジューンベリーも白い可愛い花が咲き始め、この家のシンボルツリーとなりそうです。
青々と葉が茂り、6月に実をつける時が楽しみです。


f0059988_15393458.jpg
畳下の収納引き出しの中。 あつらえたように本がぴったり納まっています。
ジグソーパズルのようです。 









f0059988_15394963.jpg
樋に取り付けた雨水利用の「ぱっこん」。
雨水を横取りして 鉢に水をためます。
かんなちゃんは金魚と遊んでいるの?それとも。。  吉本


 
 
by hearthandhome | 2008-03-29 16:42 | 楽園町の家

「岩滑中町の家」基礎工事

先週の雨で遅れた基礎も桜前線とともに着工しました。
基礎の形状に堀り、しっかり地盤を転圧します。
湿気よけのシートを基礎全体に敷きこんで、これから鉄筋をいれます。
そして、いよいよコンクリート打ちです。
お天気予報とにらめっこですが、月曜日は雨のようです。
日曜のお花見の方には申し訳ないですが、日曜日にはしっかり降って
月曜日は晴れますように!  吉本
f0059988_1423766.jpg
f0059988_1423233.jpg
f0059988_14233883.jpg

f0059988_14224583.jpg

by hearthandhome | 2008-03-28 20:00 | 岩滑中町の家

桜便り

急に春めいてきました。
あちらこちらで桜の花も咲き始め、春がやってきましたね。
何気なく通る通勤路の桜も、昨日はまだほとんどつぼみだったはずなのですが
今日はほんのりと色づいてきました。
皆さんの周りでも春は来ましたか?  吉本
f0059988_1014890.jpg
f0059988_10133014.jpgf0059988_101851100.jpgf0059988_10134014.jpg
by hearthandhome | 2008-03-26 10:21 | 雑記

OMソーラーの耳鼻科

f0059988_18452320.jpg

恒例の帰省シリーズです。先週も用事で実家に帰りました。実家ではほとんど自転車と徒歩での行動です。散歩コースの途中にある気になる建物。5年前にたったOM施設建物で、設計は伊礼智さん。地元のしかもこんな近くに建っているなんてうれしいです。
この医院は、医療で地域に、また環境面でも貢献したいということでOMソーラーを採用したそうです。遮音の問題でRC造となったそうですが、外観は伊礼さんのデザインらしさがあるグレーのガルバリウムと木製のルーバーで、住宅のような建物。言われなければRC造とは気が付かない。緑の配しかたなど伊礼さんの設計の建物は、この田舎町に一際存在を示していました。
病院にOMソーラーを導入するのは、住宅以上に空気質を重視してのこと。OMソーラーがいかにクリーンであるかの証明です。私たちもOMソーラーのよさをお話したり、体感していただいていますが、この実績は言葉以上のものがあると思います。
帰省の数日間では耳鼻科に行くこともまずないのですが、一度診療を受けてみたいなと思ってしまいました。 吉本
by hearthandhome | 2008-03-22 18:49 | 雑記

半田 春祭り

f0059988_9153577.jpg春の陽気に誘われて、祭囃子が聞こえてきそうな季節になりました。
5年に一度の山車31台勢揃いを
昨年、終えて、
今年からまた、各地区それぞれの祭礼です。

もう既に、ハッピ姿の男衆が、
寄付を求めて各家々を訪ね歩いています。
新しく転入したご家族の勧誘が問題なのは、当然ですけどね。

いずれにしても、氏神様の神社の祭礼。
子孫繁栄、五穀豊穣を祈ります。
子供たちの祭囃子の稽古も本格化、各町内、手づくりの、一年に一度のイベントです。

日比
by hearthandhome | 2008-03-20 08:39 | 半田

卒業式

f0059988_1528086.jpg木蓮が咲いて、小学校の卒業式。
f0059988_15283155.jpg
大きなランドセルを、ようよう背負っての1年生から、思春期への門口ともなる中学生への
6年の歳月には、感慨深いものがありますね。 大きく体格が変わる時でもあります。

f0059988_15285190.jpgところで、卒業式の式次第が、
たいへんマニュアル化されていて、
全員参加で整然と事が運び、将来の夢までも、全員発表していたのには、
自分自身の6年の頃のことを思うと、
ちょっと違和感があり、驚きました。
言わされているのかなぁ・・・と。
また、ほとんどの男子が中学の制服姿。ちょっと考えてみるとおかしくない?

日本の国民性?東アジアの民族性?
フィンランドではどうでしょうか? 日比
by hearthandhome | 2008-03-19 15:28 | 半田

引っ越し

「引っ越す」ということは、思った以上に、体力と気力が要ります。
年を重ねるほど、積もり積もった思い出の数々。思い出の品に、つい手が止まります。
それらの整理は並大抵のことではありません。たくさんの時間を必要とすること、お察し申し上げます。
その他、季節の寒暖など様々な要因もあって、やっと、「常滑市多屋の家」の引っ越しです。
石製の表札が門に、そして木製の表札が玄関ポーチに掲げられます。
それにしても、体力と気力のあるうちに、やるべき事の一つが引っ越しですね。

f0059988_17412588.jpg

f0059988_17432541.jpg













f0059988_17434482.jpg昨年、移植された樹木も、一冬を過ごし、早春の芽吹きの季節を迎えます。
見たところ、元気のない樹も見受けられ、ちょっと心配。
生き物ですから、致し方ないことでも
ありますが・・・。

これからが庭師さんの腕の見せどころでしょうか。

新芽が待ち遠しい! 日比
by hearthandhome | 2008-03-18 08:35

北極のシロクマ

f0059988_8345795.jpgアル・ゴア氏の「不都合な真実」に
溺れるシロクマの記述があります。
「温暖化のために海氷が溶け、北極では
シロクマが溺れている」っていうアレです。

「そのシロクマを救助するために、
フィンランドに行ってきまぁ-す。」と、
ジョークのつもりで言っても、
残念ながら、ダ-レも笑ってくれません。
この時期、ジョークになりようもない、
「不都合な真実」が頭をかすめるから・・・ネ。

せっかく春が来たというのに、
なんでまたそんな
めちゃサムーイところへ行かなくちゃならないのかねエ?という意見もあるけれど、
まあ、そいうタイミングというわけ。
f0059988_8465632.jpg
もうすぐ、フィンランド北部のラップランド、北極圏のすぐ近く、ロヴァニエミに知人を訪ねます。

フィンランドの総人口530万人。森と湖とトナカイとオーロラと建築家アルヴァー・アアルトの国。
教育水準世界一と映画「かもめ食堂」、忘れちゃならないのが、ムーミンと携帯電話のノキアかな?
現地で案内していただける方に、自己紹介として「人口11万人の小さな町で工務店をしている」と
メールしたけれど、人口だけなら、フィンランドでは10本の指に入る大都会と判明。
日本とはあらゆる部分で大きく異なる国のありように、少しでもふれることができればと楽しみです。
傍から見ていると、随分、ゆったりとしていて、質素だけど幸せそうな暮らしぶりなんです。 日比
by hearthandhome | 2008-03-17 09:26 | フィンランド旅行記

春の海

f0059988_1357258.jpgいいお天気。
打ち合わせ帰りの
寄り道。
吉良温泉の春の海。
三河湾の向こう、
渥美半島を望んで。

柔らかな日差しの中、
気持ちも
和んでくるようです。

気持ちの良い仕事が
できそう!
日比
by hearthandhome | 2008-03-15 14:03 | 吉良町の家