人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

サンテラス

f0059988_18444987.jpg
梅雨の晴れ間、サンテラス完成!
ビニールハウスの農材を使用したが、
外観は、住宅としてはなかなか異質。



f0059988_1848584.jpg





「くるくる」なる手動の巻き上げ機は、微笑ましくも、ユニーク。
ビニールを一気に巻き上げるから、夏の暑さにも大丈夫。
固定アミで全体を覆い、夕刻以降の蚊の大群に備える。




f0059988_1846484.jpg



内部の使い勝手の多彩さは、
実証付きのお墨付き。

この中での、家庭菜園の実現だけが、
宿題として残った。いつかやりたい!




f0059988_18462138.jpg
でも、暮らしの中での本当の見所は、
リビングからの見え方と一体感。
四季折々、様々な関わりを持ちながら、
共有空間のあり様に興味津々です。

明日から、完成見学会です。
落ち着いた、暮らしに密着した空間と
雰囲気を見ていただけると思います。

お待ちしています。 スタッフ一同。
by hearthandhome | 2009-07-31 19:14 | 吉良町の家

サンテラス

f0059988_1723195.jpg
もうすぐ見学会。
大工さんの協力もあって、
梅雨の晴れ間を縫いながら、
サンテラスの木工事。
存在感のある木の色と表情です。

ビニールハウスの農材を
柱間に使用というアイディア。
その下地胴縁の取り付けも。



f0059988_17231675.jpg屋根はポリカーボネート葺き。
本体屋根との取り合い部分、
狭いところでの、
板金屋さんの技が頼りで見もの。

実際に暮らしていく上で、
サンテラスの使われ方は
いろいろな可能性あり。
その使い勝手の幅広さには、
これからの住まい方のヒントとして、
ひそかに注目している。 日比
by hearthandhome | 2009-07-29 18:16 | 吉良町の家

完成見学会のご案内

もうすぐ8月だというのに、梅雨明けにならないなんて!
暑いときには、暑くなくっちゃ!と思いますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
完成見学会を間近にして、そとまわりと、サンテラス工事に影響が・・・。
当日まで、雨の合い間に頑張ってみますが、天気には勝てません。
でも、建物本体は、皆様のご期待に答えられる「夫婦ふたりの家」の完成です。
どうぞ、ご来場ください。 スタッフ一同。
f0059988_1985120.jpg
詳細については、ホームページおよび、下記まで直接、お問い合わせください。
TEL : 0569-24-8285  FAX : 0569-21-5171 
Email : info@hearthandhome.jp
by hearthandhome | 2009-07-27 19:10 | 吉良町の家

ビオトープ

「メダカをそんなに増やしてどうするの?」
先日、メダカを飼い始めるつもりのHさんの奥様に、いきなりズバリ、問われて困った。
小川やため池にどんどん放流ってのも、現実の川や池が、メダカが生き続けられる自然環境には、
ほど遠いとすれば、投げ掛けられた疑問に対して、苦笑いしか答えるすべがなかった。
増やすこと自体に、興味と喜びを感じているのは確かだが、メダカや自然環境に対して、わたしたちの出来る本質的なことを考えていけば、問題は、生物多様性を超えて、もっと深みを増してくる。
f0059988_18222571.jpg
この頃の政策上の景気対策としての太陽光発電やハイブリッドカーへの補助金というエコブームも、
次世代の住まい方という本質をはずさないようにしたいもの。わたしたちの税金の使い方ですから。
f0059988_1837122.jpg
今年のメダカの繁殖は、早春の頃はホテイアオイへの産卵は快調だったのに、ある時期、ぱたりと
止まってしまった。何故だか理由は不明。それ以後、小さなビオトープは、ほぼ、ほったらかし状態。
ところが、最近、アカメダカの池にもクロメダカの池にも、繁茂した浮き草の間に小さな稚魚が生育しているのを発見。親メダカに食われそうになりながらも、その攻撃をかわしながら、元気に泳いでいる。
もちろん、運悪く食われてしまった稚魚も多いだろうが、自然ってこんなもんかなと今更のように思う。自然界のありようから、わたしたちにできることを学ぶことは多いと・・・。 日比
by hearthandhome | 2009-07-25 21:05 | 半田

縦置きハンドリングボックス

f0059988_17145018.jpg
4回目になるかな? 縦置きハンドリングボックス。
ギリギリの寸法だから、作業はなかなか手ごわい。

設置スペースをコンパクトにできるのがメリット。
集熱、立下りダクト、外への排気ダクトが一目瞭然。

ちょっと見ると、ロボット的なフォルム。
黒いネット部分はリターン空気のためのフィルター。
家中のホコリを取る。結構、良く取れる。
この位置なら、フィルターのこまめな清掃も簡単。



f0059988_17154147.jpg                                                       



階段、上った突き当たりの廊下に設置。
階段踊場から見上げるハンドリング。

縦置きハンドリングボックスの設置に慣れてはきた。

その一方、配管も含めて、美しさや音、
暖気の処理が気になり始める。

工夫に終わりはないということ。
構造体か家具的なもので囲ってしまう・・・?日比
by hearthandhome | 2009-07-24 17:50 | 吉良町の家

サンテラス

f0059988_1653153.jpg
今年の梅雨の行方は・・・?
だらだらと、しかも降雨が局所的。

半田では降っていないのに、
吉良では豪雨といったあんばい。

工程は立てようがないけれど、
正に梅雨の晴れ間に大急ぎ。




f0059988_16532190.jpg
サンテラスの柱、梁の組み立て。
雨の降りようで中断しながらの作業。

雨の気まぐれに付き合いながら、
構造体は組み上がり、屋根、壁は次の晴れ間に・・・。

足元のウッドデッキが出来て絞まってくる。
全体的なボリュームも見えてきた。

見学会を間近にして、
梅雨明けが待ち遠しい。日比
by hearthandhome | 2009-07-23 19:12 | 吉良町の家

除草シート

f0059988_2238102.jpg
夏の過ごし方の一つに、
雑草との格闘、草取り草むしりがある。
草刈り機の操作には慣れてくるけれど取っても取っても雑草パワーはすごい。
一雨降ると、ボアっと再生する。

そこで、
草の種子が生育できないように、
遮光する除草シートを敷く。 もちろん、
環境に害を及ぼす薬は一切なし。


f0059988_22402155.jpgそのシートを敷いた上に、砂利敷き。
「住まい手」のHさんのアイディア。
しかも、DIYにて土日の二日間で完成!
この一夏の効果のほど、乞うご期待。
結構、重労働だったのでは?

自宅のハウスケアに、自ら汗を流すことは、
これからの暮らし方、あるいは休日の過ごし方という
意味からも、とても注目されること。
日曜大工に留まらず、外構や植栽、家庭菜園、
ガーデニング、ビオトープにまで広がっていく。

アフターメンテナンスを越えたハウスケアに、
いろいろな形でサポートしていきたい。
そんな活動ができそうな気がする。 日比
by hearthandhome | 2009-07-22 19:26 | 住みながら思うこと

中部国際空港

f0059988_22172725.jpg空港の持つ雰囲気は、
晴れやかな表情の旅行者達、
訓練の行き届いた職員達、
それに広々とした明るい大空間は、
正に、「自由闊達」。
いいもんです。

しかし、ロビーや搭乗口はともかく、
スカイデッキ下の豪華な空間には、
わたし以外はカップルが一組のみ。
がらんどう。 採算、たいへん!


f0059988_22175478.jpgスカイデッキには、
一人乗り電気自動車。(トヨタ製)
警備員さんも、どことなく照れくさそう。ぎごちない。

ユーモラスで奇妙な乗り物。
いつの日にか、
街中にも登場するのでしょうか?
乗りたいと思うのでしょうか?
悪路で、こけたりしたら、格好悪いなぁ。
日比
by hearthandhome | 2009-07-21 21:29 | 雑記

薪ストーブ

f0059988_21291496.jpg焚き火、かがり火、たいまつの火。
自然と共に暮らす環境共生への思い、あるいは、木材に渦巻くように燃え盛る「火」を見る時、人類の歴史の記憶が
呼び戻されるような畏敬の念を持つ。

一方、そのこととは別に、仕事以外の
時間の過ごし方をリタイヤ組だけでなく土日を休日として過ごす若者の多くに
とっても、薪ストーブの持つ魅力は
無視できないほど大きくなっている。


f0059988_21294570.jpgそうは言っても、実際、どれだけの費用と手間と、メンテナンスが掛かり、
自らのパワーで、どこまでこなせるものかどうか知りたい。
そこで、薪ストーブのショールームへ。

薪ストーブ設置の目的を
何にするかが、まず問われる。
薪ストーブを置くことで、自分自身の
体力や汗をどこまで気持ちよく流せるかに関わるのかなと・・・。 日比
by hearthandhome | 2009-07-20 21:53 | 家づくりへの思い

OMソーラー全国会議 in 浜松

f0059988_8231911.jpg今年の開催地は、
OMソーラー発祥の地、浜松。

太陽熱利用への関心が、補助金として
東京都から名古屋市、安城市などの
地方都市にも広がっていく勢い。
太陽光発電やエコキュートとの
ハイブリッドシステムの実用化もあり、
ベターリビング認定や省CO2推進の補助金など、ますます、OMの環境共生の考え方と技術が、必要とされる時代。


f0059988_8241034.jpgとはいえ、わたしたちの最大の関心事は、
なんと言っても、「住まい手の声」。
2万家族の「太陽と一緒の暮らし」コンテスト。

昨年の冬から今年の3月末までに
住まい手の皆さんから、
たくさんの『太陽と一緒の暮らし』が寄せられ、
この会場で、大賞と作品集の発表。

応募者の年齢層の幅広さと、
いずれ劣らぬ『太陽との暮らし』に
心が暖かくなるようでした。

来年も継続して、コンテスト開催。
OMのある暮らしをそのままに、
応募してくださいな、住まい手の皆様。

このコンテスト作品集をご希望の方には、
進呈いたしますので、お申し出ください。

f0059988_826372.jpgそして、このような会議の場に、
大賞受賞者の「住まい手」の方にも
ご来場いただき、
しかも、素敵なコメントはもちろん、
さらに二次会の席では
親しくお話しまでしていただき、感謝!

特に、自然体で太陽のような
清水さんのご家族に、
厚く、御礼申し上げます。
大きな励みになります。日比
by hearthandhome | 2009-07-17 17:01 | OMソーラー