人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

長野県阿智村 視察

f0059988_1138524.jpg県境の村というより、「ほとんど、向いている方向は愛知県」と
課長自らおっしゃる、昼神温泉のある長野県阿智村へ。
町内会や市民活動の有志によるバス視察に参加。
2名の市議会議員や大学教授もメンバーとは・・・聞いてない!

f0059988_11401970.jpg
阿智村もやはり、危機的な過疎地域。
その危機意識が原動力なのか、
住民が力を発揮できる
行政の仕組みづくりが目覚しい。

村の職員は、住民自治の支援員。
協働して作り上げた
分厚い事業計画書がすごい!
(大企業みたい!というのはヘンか?)

また、5人以上の住民による「村づくり委員会」に、支援金なども含めて関わる「協働活動推進課」の、
強い権限と、粘り強くて柔らかなボランティア精神が印象に残る。
束ねる林課長のすごさは、「忙しいけど、楽しいんです。」 ここまで徹底する村長はもっとスゴ・・・イ!

f0059988_1145680.jpg住民と職員の協働の実践例として、
通所授産施設「夢のつばさ」訪問。
障害を持った人たちの
社会参加への支援建物見学と、
施設長のお話。
「必ず、数%の子供は障害を持って生まれてくる。社会の一員として過ごしたい気持ちは人並み以上。支援を・・・!」

言葉に詰まるが、心に留めておきたい。

このような施設にこそ、OMソーラーの全館床暖房とお湯採りと全館換気機能は、似合うのになぁ・・・、
施設の発展のカタチとしての、グループホームなどにも採用されれば、正にピッタリなんですけどね。
本当に、このような施設にこそ、太陽熱利用と太陽電池の補助金を潤沢に付けて欲しいですね。

ラボでの、「身近にあるしあわせ」のことが、障害者の作業を見ながら、しきりに考えさせられた。
そして、帰りのバスの中での認知症など、老々介護の問題も、まったく無縁とは思えなかった。日比
by hearthandhome | 2010-01-31 17:11 | 半田

ひと・すまい・くらしラボ「冬ラボ」

f0059988_23525180.jpg1月27日・28日、
大阪国際交流センターにて、
OMソーラーの仲間の研究集会、
「ひと・すまい・くらしラボ」も回を重ね、
成果として具体的なカタチに。

施工管理、メンテナンス、リフォーム、
ゼロエネルギー、マーケティング。
それらが質量とも充実していて、
具体的な実践へと力が入る。


f0059988_23531076.jpg
そしてまた私たちは今、成長神話に
終わりを告げ、成熟社会を迎えた。

「家づくり」の場面においても、本当の
豊かさを身近なところに見い出しつつ、
加えて、家族構成の大きな変化から、
多様な住まい方も、
現実のものとなってきている。
しっかりサポートしていきたい。日比
by hearthandhome | 2010-01-30 11:02 | OMソーラー

プレカット工場検査

f0059988_2295181.jpg
山の立木が製材され、
例えれば、まぐろのトロのような
美しい木肌を見せて、
プレカット工場にやってきた。

もぎたての木というのも変だけれど、
そう言いたくなるような色艶、香りに
そこはかとなく初々しさが漂っていて、
このような材木との対面の日には、
いつも、心が浮き立つのを覚える。


f0059988_22125833.jpgほとんどの木々は欠点もなく
きれいに整っていたけれど、
中には、ちょっとね・・・?
という部分もあるにはある。
そこは使う場所の工夫次第。
一本一本、にらめっこしながら
使うべき場所の検討。

目に付く場所の材木は、
きっちり「住まい手」自ら決定。
首尾よく、プレカットへスタートです。


工場検査の大きな楽しみの一つに、参加していただいた「住まい手」とはもちろん、工場サイドの
「つくり手」を交えた会話。それぞれの暮らしぶりや経験談、子どもの頃のことや今の子ども達の様子。
階段というものの持つ不思議な魅力。偶然か必然か、どちらが勝敗を支配するのかのサッカー談義。
何故だか惹かれてしまう昭和30年代ブームのこと。「上池の家」はそんなイメージなんです。
そして、なんと、わたしのブログを見ての、浅川マキのこと。「わたしも、浅川マキを聞いてました!」
とは、お若い「住まい手」のお言葉!浅川マキは30年代っぽい?なんだかとても嬉しくなりました。

さて、建て前に向けて木工事開始です。正確に美しく加工された杉たちを、現場が待っています。日比
by hearthandhome | 2010-01-26 22:10 | 上池町の家

基礎工事

f0059988_19171325.jpg
基礎の型枠をはずして
清掃して待機中。

きれいに正確に打ちあがりました。

材木の到着を待っています。






f0059988_1918312.jpg
将来の排水管の維持管理のため、
基礎の立ち上がり部分から
排水管を外部へ取り出します。
排水管を取り替える事態になっても、
大事な基礎をいためないように。

その分、通行の邪魔になりそうですが、
永く住み続けるための配慮優先。
露出している排水管は
コンクリートで覆ってしまいます。
by hearthandhome | 2010-01-25 12:01 | 上池町の家

浅川マキ

新宿アートシアターの地下、細い急な階段を降りて開けたドアのむこうは、
たくさんの人の息づかいの充満した、薄暗い伝説のライブハウス、「さそり座」。
スポットライトの中、黒くて長い髪の浅川マキが歌い始めると、満員の客の存在はフットなくなリ、
曲に合わせて身体を揺り動かす、黒いドレスの歌手だけがそこにいると思わせるほどの存在感。

深い闇の底からささやくように、語りかけるように、しかも切々と歌い上げる、「世が明けたら」。
「かもめ」「ちっちゃな時から」、そして不思議な世界にいざなう「赤い橋」「ふしあわせという名の猫」。

浅川マキの訃報に接し、未だに現役のソロ歌手として、浅川マキは浅川マキのままであったことに
驚きとともに深い感銘を覚える。そしてつい、代表曲を口ずさんでしまっていた。
「夜が明けたら」の印象的なフレーズ、「人生は、長いじゃない?・・・!」 どうだったのマキの人生は?
できることなら、もう一度、浅川マキのライブを聞きたかった。合掌。 日比
by hearthandhome | 2010-01-24 11:11 | 雑記

環境データシート

年間の電力、ガス、水道のエネルギー消費量を用いて、その家のCO2排出量やエネルギーコストを
グラフとして「見える化」しています。f0059988_9564949.jpg「生路の家」の住まい手さんに協力いただき、作成しました。


すばらしい結果となっています。

設計施工も寄与はしていると思いますが、
何よりも住まい方、暮らし方に、
大きく依存していることがよく解ります。

「我が家の環境データシート」を
お望みの方は、
年間のエネルギー消費量と料金を
お寄せください。

CO2削減への関与の実感を持て、
また、この時代の暮らし方改善に
結びつくことがあるかもしれません。
日比
by hearthandhome | 2010-01-23 10:02 | 家づくりへの思い

枝虫材を使いませんか?

三河材を扱っている、山の仲間からのメッセージ。 

現在、私たち木材業者を大変悩ませている虫がいます。
その虫の被害にあった木材は「枝虫材」と呼ばれています。 (この呼称はどうかと思いますが・・・。)
杉や、特にヒノキに、好んで住み着くスギアカネトラカミキリの幼虫に、食害されてしまうもので、
被害は三河地方だけではなく全国的に広がっている状況です。
成虫になれば飛び立ってしまうのですが、残されたヒノキの見た目の商品価値が落ちてしまいます。
でも、表面のわずか数ミリを食われただけで、構造材として強度が落ちているわけではなく
腐っているわけでもありません。家の見えないところに、この枝虫材を有効利用しませんか?

f0059988_13451748.jpg節の下部の白くなっている部分が
食害にあったところ。
こすればポロポロと取れてきて、
数ミリの深さの溝になります。

化粧材としては
抵抗があるかもしれませんが、
構造材としては問題なく、
うまく使えたらいいですね。
しかも、杉と同等の値段なのは、
逆に大きな魅力となります。 日比
by hearthandhome | 2010-01-21 13:55 | 雑記

敷地レベル測量

f0059988_1823976.jpg敷地条件は家づくりに大きく影響する。

立案のためには、周囲の環境を含めた
平面的な測量はもちろん各地点の高さを知るためのレベル測量となります。

特に、道路と敷地の高低差をなくし、
丹精込めた庭を、駐車場にせざるを
得ない場合、樹木や庭石に込められた思いの数々を思うと、改造する者としての責任の重さを感じてしまいます。日比
by hearthandhome | 2010-01-20 18:02 | 東海市加木屋町の家Ⅱ

断熱リフォームのすすめ

築20年、成人した子供たちは、この家から巣立っていき、それぞれの進路を邁進している。
子供たちがこの先、行ったっきりになるのか、戻ってきて同居することになるのか、今のところ誰にも
解らない。残った親たちは、いくつかの点で若い頃のようにはいかなくなったと、時々、年を重ねて
きたことが、フッと頭をよぎり、自分たちの親のことも気になりつつ、リフォームを思い立つ。

仕事や子育てで忙しくて、なかなか実現できなかった住まい方実現のために、どんな風に作り替えようかと、間取りの変更や設備機器の取り替えや、雑誌のグラビアの美しい室内を思い浮かべたりする。
でも、目の前には、所狭しと並んだシナモノの数々。片付けて、整理して、処分して・・・。
ここで、フーとため息が普通出るのだけれど、ここが一番、乗り越えるべき大きな山なんですね。

誰かが言っていました。 「迷ったら捨てる!」  思い出に浸ったりしてなかなか、それが・・・。
結構、たいへんな格闘。体力のあるうちにやっておかないと、とても無理な作業です。

リフォームを考える時、どんな暮らしがしたいのか、具体的なイメージとして考えてみることは大切。
そのイメージは家具との関わりが密接なものでもあるし、今の暮らしを見つめ直すことからもヒントが
生まれるかもしれない。その良きアドバイザーでありたいと、この頃、切に思う。

ただ、いずれにしても、欠かせないのは、気持ちのいい住空間とは、気持ちの良い温熱環境と通風を含めた新鮮空気、つまり換気です。そういう意味から、かつての建物で最も立ち遅れていたであろう
断熱・気密。この性能アップに関するリフォームは、真っ先に、ぜひとも取り組みたいものです。
間取りとか設備機器とかは、そのあと!とは言いませんが・・・。 日比
by hearthandhome | 2010-01-19 14:22 | リフォーム・リノベーション

基礎コンクリート打ち

f0059988_2217129.jpg鉄筋配筋の社内検査および
検査法人ハウスジーメンによる
第1回検査をクリアー。

工場出荷時の生コンクリート強度を
寒中の温度補正をした上での
基礎のコンクリート打ちです。

急な厳しい寒さはありましたが、
このところの晴天に恵まれて、
コンクリート打ち完了です。


f0059988_2218533.jpg
型枠の正確な建て込み、
鉄筋それぞれへの、コンクリートの被り厚さの確保、
正確で強固なアンカーボルトの固定など、
検査項目も細心の注意を要するところ。

建物の耐久性、耐震性の源、正に基礎です。

コンクリート固化までのしばらくの養生期間をおき、
型枠を撤去した後、
いよいよ土台の設置を皮切りに、
上棟、建て方に向けて、
躯体工事の準備がプレカット工場を中心に進行。
杉の無垢材の到着が、心待ちになります。 日比
by hearthandhome | 2010-01-16 17:30 | 上池町の家