人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

セカンドライフ フェスティバル + 健康フェア

f0059988_17304892.jpgアイプラザ半田と
隣接するさくら小学校の校舎を繋げて、
セカンドライフと健康フェアという企画のコラボレーションイベント開催。

二つの企画を同時に実行したことに
たいへんなご苦労があったと
たまたま、責任者をなさったという
会場でお会いした住まい手に、
お聞きしました。そうでしょうね。



f0059988_184046.jpg両会場を結ぶ通路には、
屋台やミニショップも連なっています。
売り子さんもボランティアでしょうか。

タバコやお酒は控えましょうの横で、
地元のカブトビールの販売があったり
半田市の名産品販売や、
近所の飲食店の出店や、
半田市以外の地方の名物も出ていて、
本日の好天に誘われて、
ゆったりした雰囲気です。


f0059988_17311049.jpgセカンドライフフェスティバルでは、
様々なボランティア活動や
趣味のグループの展示や発表。
ホールでは、バザーやミニコンサート。
顔見知りの方も見えて、それぞれに
活躍なさっている様子でした。

帽子をかぶって歩いている私は
すっかり変装しているようで、
全然、解りません、便利ですね!
と言われてしまいました。


f0059988_18142386.jpg体育館や給食室などでは、健康体操、耐力チェック、健康検査と診断、健康相談、歯科検診、食生活改善推進員手作り品のの試食など。
人気コーナーには、順番待ちの人々の列でした。

憲法9条の会や原発のDVD観賞会といった
企画もあり、バラエティにも富んでいましたが、
ボランティア精神と、多くの人の関心の集まる
健康が主体の催しですから、
ここに集まる人々の表情はとても柔らかでした。

セカンドライフ・・・。意味深い言葉ですね。

でも、今朝、ノドの薬を飲んだおかげで、せっかくの
献血ができなかったことが、少し、残念。 日比
by hearthandhome | 2011-11-30 08:05 | 半田

「白沢の家」 地鎮祭

f0059988_9372560.jpgお日柄の良い日曜日の朝、
地鎮祭を行いました。
朝晩の冷え込みが
厳しくなってきましたが、
地鎮祭では、格別、
身も心も、引き締まる思いがします。

完成の姿を思い浮かべつつ、
完成に至るまでの工程の
場面場面を思いながら、
玉串奉納に思いを託します。


f0059988_9404628.jpgお施主様から、過日いただいた文章を、掲載させていただきます。

『2011年の秋が深まるこの日に、
長年の夢の一歩を
踏み出すことができました。
思いの丈の籠った
私たちの「家族の家」を、
よろしくお願いします。』

ありがとうございます。日比
by hearthandhome | 2011-11-28 09:56 | 白沢の家

「白沢の家」 地盤調査

f0059988_1557621.jpg先行して着工していた既存の建物と
間知石擁壁の解体工事が終わり、
新しい建物とコンクリート擁壁のための
スウェーデン・サウンディング(SWS)の地盤調査を行いました。
垂直に刺したステンレス棒を
錘(おもり)の重量をかけながら、
沈下量や沈下する時の音を
注意深く観察して調べていきます。
このあたりのデータ取りと解析は、
熟練の技術となりますね。


f0059988_15572397.jpg現地の表土は、見たところ粘土ですが、
ステンレス棒の貫入する音を聞いていても、
間違いなく粘土であって、砂質土ではなく、
取り敢えず液状化の心配ははなさそうと、
この頃の検討癖で、つい思ってしまいます。

目に見えない地中深くの建物の基礎を支える
なによりも大事な調査です。
その結果によって、地盤保証にも関係する
適切な地盤補強工事を施すことになります。

それはそうと、きれいに解体された敷地を見ると、
言いようの無い感慨を覚えます。
美しいフォルムの旧宅に、勝るとも劣らない新居をと
思わずにはいられません。日比
by hearthandhome | 2011-11-27 08:10 | 白沢の家

地盤液状化対応住宅 (地盤調査)

地盤調査には、最も普及しているSWS(スウェーデン・サウンディング)と、少し進歩したSDS(スクリュー・ドライバー・サウンディング)などがあります。いずれの方法も、肝心な土質と地下水位については推定の域は出ないけれども、やはり、重要な資料となることは間違いありません。

けれども、より高度な精度を求めるのならば、やはりボーリング調査ということになります。
実際に土をサンプリングして確かめますし、地下水位も確認します。大規模な建物の建設の際に行われますが、費用もそれなりに高価となり、木造2階建てでの実施は皆無に等しいものです。
それでも万全を期して、ボーリング調査を行うのも一方法ですが、現実的なのはSWSなどの調査資料と併せて、土地条件図などの地盤情報により、ある程度、事前に予想を行い、配合試験や固化材種の選定や添加量等の対策を行い、場合によって試供体にて強度試験によって確認して、地盤補強あるいは基礎設計に生かしていくことが賢明と思われます。
まず工法ありきではなくて、地盤調査の内容によって、最適な工法を吟味していくということになり、
砕石パイル工法がオールマイティというわけではないということが明確になりました。

自然の猛威の前には人知の限界も多く、100%万全な対策とはいかないけれど、特に目に見えない地下のことですから、土に詳しい、信頼のおける専門家との協働が大事なことを痛感しています。日比
by hearthandhome | 2011-11-26 08:00 | 地盤液状化

地盤液状化対応住宅 (腐植土)

大震災以来、地震に伴う地盤液状化への関心が、特に埋立地の状況を見るにつけ高まっています。
現在のところ、軟弱地盤対応の地盤改良工事として、セメント固化剤による工法が普及しています。
ただ、この工法においても、地盤液状化に対して正面切って取り組んできたとは言い難いのも事実。
そこで有力な液状化対策として、この頃、注目の砕石パイル工法について、検査機関や地盤改良の
技術者と意見交換をしました。その結果、土質と地下水位の把握が、対策を立てる上で重要なことを、
あらためて認識いたしました。
f0059988_1620645.jpg
砕石パイルが水を吸い上げ透水するドレーン機能は液状化対策として優れているのは事実だとしても、セメント固化剤との工法比較をする前に、地盤調査の精度が問われることになります。
特に地層内に存在する腐植土(植物が分解して土になったもので、とにかく軟弱でセメント固化剤は固化不良となり、砕石パイルにおいても自立性に疑問が残るという困ったしろもの)を、建設地の地層において、どのように探り当てるのかが、耐震構造においても、液状化対策においても大きな問題となります。日比
by hearthandhome | 2011-11-25 08:00 | 地盤液状化

染色展 のご案内

「常滑市多屋の家」の住まい手の、松原園子様の染色展を、ご案内いたします。
ご自宅にも作品がいくつか掲げられていますが、旅行好きな作者ならではの「アルプスの夕映え」の、鮮やかな色彩と大胆な構図に圧倒される一方、和風のみやびを感じさせて、心がなごみます。
f0059988_17114378.jpg
今回の個展は、園子様のご出身地の岐阜にて開催されます。 どうぞ、お出かけください。
            日時 : 11月30日(水)~12月6日(火) 10:00~17:00 
            会場 : 岐阜市徹明通1丁目3  じゅうろく てつめいギャラリー(旧十六銀行)
by hearthandhome | 2011-11-23 17:20 | 常滑市多屋の家

完成見学会 (2)

f0059988_1973619.jpg
居間とDKを適宣、間仕切る吊り引き戸です。
雰囲気は一変しますから、
場面場面で様々な使われ方になるでしょうし、
冷暖房の効率も当然、良いはずです。

照明器具に扇風機も付いていますから、
室内気候を整えるのに
万全な体制と言っていいでしょうか。



f0059988_19173789.jpg





2階からの光、また、
和室および和室の欄間からの光によって、
暗くなりがちな、家の真ん中の階段が、
とても明るくなりました。
風通しにも、危険防止にも役立つはずです。

階段の4段目の部分まで、手摺の無いデザイン。
お子様から、クレームが付いてしまいました。
手摺があると、邪魔でしょ!勘弁!


f0059988_19232992.jpg
2階の階段・廊下です。
ここで、1階と2階の空間が繋がります。

右側に小さいけれど効果抜群の
吹抜けと手摺格子。
左下には、便利な
小屋裏収納が見えます。





二日間の完成見学会、ご来場下さった皆様には、心から、御礼申し上げます。
f0059988_19282444.jpg
一時に、お客様が重なってしまい、失礼をいたしましたこと、お詫び申し上げます。
次回、埋め合わせをさせていただきますので、ご容赦ください。ありがとうございました。スタッフ一同
by hearthandhome | 2011-11-22 08:00 | 武豊町長宗の家

完成見学会 (1)

f0059988_18125575.jpg
11月19日(土) 雨。
20日(日) 晴れ。
天気予報はズバリ当たりました。

それぞれの天気の状態が、
外観やインテリアに変化を与えます。

フェンスやカーポートも整備され、
落ち着きを感じさせます。



f0059988_1824475.jpg
玄関のホールの正面の白い壁。
白い壁の上部に視線を移す時、
ホールと一体になった
階段・吹抜けの光と風の効果を
実感していただけたと思います。

キッチン横の食品庫や物入の確保のためにも、
この中央の直通階段が生きてきます。

壁に掛かる飾り物が、訪問者を歓迎し、
玄関ホールの良いアクセントにもなるようです。




1・2階とも堅木の樺桜フローリング。吊り引き戸を多用してレールがなく、正にバリアフリーです。
f0059988_18431512.jpg
カーテンや家具、キッチンの色使いには、「輸入住宅みたい!」と注目が集まりました。
住まい手のコーディネートです。
f0059988_1847848.jpg

by hearthandhome | 2011-11-21 18:58 | 武豊町長宗の家

「武豊町長宗の家」 完成見学会開催

11月19日(土)・20日(日)完成見学会開催。天気予報によると気温は高いけれど雨天模様のよう。
季節外れに、蒸し暑いお天気かもしれませんが、どうぞ、ごゆっくりご覧いただきたいと思います。

f0059988_11323534.jpg
久方ぶりのツーバイフォー工法の建物、
二方向が道路に接する三角形の敷地、
5又路の交差点に立つ住宅です。
変形敷地に対応した建物配置と
庭の使われ方をご覧ください。

植樹などは、おいおい整備されるご予定。幼いお子さんたちの成長とともに
末永く、住み継いでいってくださるよう
願っています。


f0059988_11332884.jpg黒と白のツートンカラーに
塗り分けられた個性的な外観。
この街角のシンボルになりそうです。

内部空間においては高気密高断熱、
防犯シャッター付き遮熱断熱サッシ、
LDKの変幻自在な引き込み戸、
各所に見られる細やかな収納、
プラン中央の階段と吹き抜けによる
風通しや採光など、
いろいろ工夫が凝らしてあります。
どうぞ、ご来場ください。 スタッフ一同
by hearthandhome | 2011-11-18 08:43 | 武豊町長宗の家

「武豊町長宗の家」 家具

f0059988_162834100.jpg
完成見学会を週末に控えて、
「武豊町長宗の家」では
早々と家具の据え付けです。

間取りや空間もさることながら、
新居用に用意された家具を見ると、
新しい暮らしに対する
住まい手ご家族の思いが
ダイレクトに伝わってくるようです。



f0059988_1629441.jpgキッチンに立って、また、食卓テーブル側からリビング方向を眺める時、
微妙に折れ曲がって見えるところと
見えないところの感じが面白い。

増してや、リビングとの間に
大きな引き込み戸があることで
LDKの使い勝手に
様々なバリエーションが可能です。
暮らしの中での使われ方が
楽しみですね。 日比
by hearthandhome | 2011-11-17 08:00 | 武豊町長宗の家