人気ブログランキング |

タグ:夏の暮らし ( 2 ) タグの人気記事

夏の暮らし。遮熱のこと。

OMの夏の暮らしは昼間は太陽熱をお湯採りに使いますが、何といっても風通しの積極的利用です。
特に室内の高所の窓を開けることで、必ず起きる上昇気流を利用するのが効果的と言えます。
太陽熱の床暖房によるワンルーム空間があるからこそ、上に向かってスムーズに流れるのです。
夜間放射冷却やdomaく~るも、夏の涼しさに、ささやかとは言え確実に貢献しています。
f0059988_1938472.jpg
一方、強烈な日射しの照りつける中、直射日光をどう防ぐか、昨今のエネルギー事情も絡んで切実な問題です。パッシブデザインの工夫として庇の出、落葉樹や緑のカーテンの利用はその代表例です。

f0059988_1403515.jpg
また、ドイツ製の外付けブラインドも
結構、普及し始めています。

「白沢の家」で取り付けた
日本製の可動するガラリ雨戸や、
夏の陽の照射角度を計算した
手作り木製の固定ガラリなど、
業界挙げて知恵を絞っているようです。




f0059988_19242712.jpgガラスを遮熱・断熱ペアガラスに変えてみたり、さらにトリプルガラスも
登場することになるかも。
ガラスに遮熱・断熱フィルムを張ることも、少し熱割れ現象を気にしながらも
一般的になってきているようです。
窓の内側にインナーサッシを追加したり、ハニカム状になった断熱ブラインドも和紙的なインテリア素材として
使われるようになっています。
電気に頼らない工夫例です。日比
by hearthandhome | 2012-07-21 08:36 | 住みながら思うこと

緑のカーテン  今年は、ひょうたんとアサリナ

この頃の日本列島の気候の有様は凄まじいですね。九州での豪雨災害の報道には心が痛みます。
わたしたちの地方では幸運にも免れていますが、地球規模の異常気象からくることなのでしょうか。

f0059988_892118.jpg
そろそろ梅雨明けのはずと言ってるうちに、
突然の梅雨明け宣言。
真夏の日射しを遮るために、
今年も緑のカーテンにチャレンジ。
OMらしい、自然と共にある暮らし、もっと言えば
エアコンに頼らない暮らし実現のためのアイテムです。

5月の連休明け頃から東側の窓下には、
ひょうたんを植え付けました。
しばらくのんびりしてたけれど成長し始めたら、
その伸びるスピードと葉っぱの大きさで
窓はアッという間にスッポリ覆われました。
成長を停めないとアルミ庇がひん曲がってしまうかも。


f0059988_1563526.jpg
室内側から見た東側窓です。

午前中の日射しを柔らかく遮り、
緑の葉が清々しく絵画のようです。

窓の上端を越えて、
さらに上空を目指して
どんどん生長中です。

ひょうたんの実の生り具合も楽しみ!? 


f0059988_1565846.jpg
南のウッドデッキには大型のプランターを並べ
ネットを張って色とりどりの花の咲くアサリナです。
朝顔に似た小さな花が次々に咲いてますが、
蔓は頼りないくらい細くて、不用意にネットに
巻き付けようとすると切れてしまうくらい。

水の遣りすぎで一株、根腐れをしてしまいましたが、
細いだけに密度濃く、ぐんぐん生長しています。




f0059988_1571472.jpg




梅雨明け間近というこの時期なのに、
高いところまでまだ届いていませんが、
ウッドデッキへの直射日光はかなり防ぐことができそうですし、見た目の涼しさは何よりですね。

液肥も奮発して、追い込みに期待です。

もう少し、早く植えておけば良かった!
というところが、緑のカーテンのノウハウですね。



庭のメダカ池のヒメスイレンが、今年も可憐に、それでいて、きっぱりと咲きました。初夏ですね。
f0059988_1572956.jpg
もうすぐ強烈な日射しと、節電の夏がやってきます。
冬の暖かさは太陽熱利用によってクリヤーしたとして、夏の暮らし方の工夫は、これから本番です。
皆様の夏の暮らしをぜひ拝見させていただき、ご意見もいただきたいと思います。日比
by hearthandhome | 2012-07-19 08:00 | 緑のカーテン