人気ブログランキング |

タグ:断熱リフォーム ( 4 ) タグの人気記事

床下の気流止め 施工編

f0059988_13531272.jpg一般的に在来工法の床下は、
土台と床根太の間がスカスカです。
ということは、土台に載っている外壁や内壁の内部の空洞がエントツ状で、
2階の屋根裏まで繋がっていて、
ツーツーなのは理解できますか?

ネズミやゴキブリが家中を駆けまわるのには好都合ですが、冬、足元は
相当に寒く、暖房機器も、あまり
効かないようになっています。

そこで土台と根太の間の狭い隙間に断熱材を詰め、床下の冷気を遮断するための気流止め工事。
床下で腹這いになっての作業中、土台と床根太の隙間に詰めた断熱材の画像です。和室の畳下ですので断熱材は張ってありませんが、和室以外は床材に断熱材が張ってあるのが普通です。
狭い床下空間でのキツイ姿勢の難工事ですが、厳冬に備え室内の暖気を逃さず、少なくとも床が
ヒンヤリ底冷えしないための効果の高い、気流止め断熱リフォームです。
念の為のことですが、結露対策用に断熱材を覆う防湿フィルムも、忘れてはいません。

OMの家にはまったく不要ですが、既存の在来工法の家にはお勧めです。
特に高齢者のお宅には、我慢しないでも過ごせる、家中、同じ温度の快適さを知って欲しいですね。
by hearthandhome | 2013-10-25 08:30 | 省エネ・断熱リフォーム

床下の気流止め

中古住宅の断熱リフォーム。既存建物に断熱材を付加したり、開口部の断熱性能をUPできれば
ベストだが、それなりの高価なコストが掛かる。

f0059988_20371870.jpg内外の仕上げ材を剥がさないで、
断熱効果を上げる場合、
推奨しているのが
天井裏と床下の気流止め。
天井裏や床下の現場では、一般に、
かなり劣悪な体勢による施工となる。

しかし所定の断熱効果が得られるか、
その監理・検査体制が問われ、前後の数値化が求められることになる。


屋根裏、特に床下は、狭く暗く、粉塵も舞い、虫たちも蠢く世界。建物の耐久性のチェック機能も
合わせて行えるけれど、日の当たらない地味な仕事。でも、大事な仕事です。
by hearthandhome | 2013-10-17 08:00 | 省エネ・断熱リフォーム

健康と住宅

日差しの強さは、真夏を思わせる今日この頃。なんとまぁ、ちょうど良い気候の季節の短いこと!!
暑さ寒さへの対策は、いろいろ、出そろっているのですが、断熱リフォーム普及へのハードルは、
なかなか高いのが現実のようです。

f0059988_14113210.jpgユーザー宅にメンテナンスで訪問した時、「住んでみて、どうですか?」と
お尋ねすることがあります。
ハースアンドホームの家の温熱環境のレベルは相当に高いのですが、
お話を伺っていくと、冬の暖かさや
夏の暑さには「こんなものかな?」と、
ややあきらめ半分も・・・?
ご実家との比較の上で暖かさを感じていて、ご自宅の温熱環境に満足しきれていない様子がうかがえます。


ある住まい手のお話では、「家をつくるという大きな選択をしたのだから、その結果を失敗だったとは言いたくない心理も働くんです。」 だから温熱環境への不満が顕在化しにくい側面もあるようです。
特に、夏の暑さでしょうか。別にかまわないとは思いますが.エアコンに頼ることも多いようです。

f0059988_14141889.jpgOMの家であっても、増してや既存住宅においても、少し手を加えれば格段に断熱性能が上がり、異次元のような
空間になることを提案しています。

特に血圧の高い高齢者にとっては、
温度差のある不健康な家に住むことによる医療費の大きな負担を考えると、
高断熱への先行投資が、
結果として安上がりになることが
各方面より実証、指摘されています。
by hearthandhome | 2013-05-24 14:51 | 省エネ・断熱リフォーム

リノベーション 断熱工事

f0059988_17101732.jpg22年前の新築時と
大きく変わったものの一つに
断熱・気密に対する考え方、
そして仕様の違いがあります。

当時は、外壁・小屋裏の断熱材は
ロックウール10kgのア50(袋入り)でした。当時では標準的な仕様でしたが、
やはり、階段を1段上がるたびに
暑さの増すのが感じられて、
特に2階は暑かったようです。


f0059988_17103774.jpg今回工事の断熱仕様は、
既存の小屋裏断熱材の上に
ロックウール吹き込みア200です。
現場の状況によって、
最適な断熱仕様を選択しています。

その上で小屋裏の温度を感知しての
換気装置の自動運転を加えています。

昨年の猛暑もあり、夏の暑さ対策は、
今後も主要なテーマになります。日比
by hearthandhome | 2011-06-08 08:18 | 長久手町の家